地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2017年11月01日

おこぼう庵


地元の方々の参加者取りまとめから、何もかもお世話になりましたおこぼう庵



小さな特産品販売所。昔の購買店の雰囲気を持っています。



バスが走る一日だけ、回数券うりばの鉄板が吊るされました。
普段は売ってませんからね。いやもう西鉄は回数券自体がありませんから路線バスは。



でもこれ昭和時代の洒落た直売所だと言っても通じそうでしょ。白黒変換してみてください(笑)。



伊良原の有志の方が人集めをしてくださって、当方砂津本陣會總本部は運行をお手伝いする形。
だって普通の方々は、ダム事務所に「バス走らせたいです」って折衝したりしませんし。



ということで、



普通の田舎の眺めですが、



年代物の観光案内図なんかあるとこに、



バスが走るだけで華やかになるんですよ。どのくらいの人が共感してくださるかはともかく、
私はそう感じるんだからいいんです。いいんです。大事なことではないですが2回言います。



140人お越しくださったので、3回に分けてご乗車いただきました。
旦那さんの遺影を抱えて乗られた女性や、親子で沿道の小学校に通われた方や、
いやもうドキュメンタリー映像撮影のためのサクラかいなという方々もおられました。
でもそれがリアルな現実なんですよね。ダムのために移住を余儀なくされた方も。

読売新聞や西日本新聞に掲載いただき、FBSの取材も来てくださって、
皆さんの最後の思い出と記念になりましたので、よかったです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)京築

2017年10月31日

伊良原ダムの見学台から


駐車場にバスが停まって、



撮影タイム。



伊良原ダム見学台。



さて出発。



一般車両通行止めの区間へ。



急坂を下って、



ダム到着。



見ろ、人がゴミのようだ。#違う



最近湛水が始まりまして、現在はもうこのバスが居る場所も水面下に。



説明を聞く人たち。



この時は、まだ堰堤の建造も途中でした。



みやこ伊良原ダム。


真剣



そのもの。いや何を喋ってるかは聞こえませんけどね。



もう見られないこの風景。



ダムに使うコンクリは、現地生産でした。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)京築

2017年10月30日

伊良原ダムを下流側から


バスの右側、とうふの看板に注目。木井馬場を過ぎた隘路、以前の西鉄バス区間です。



ダムに近づいて整備された区間が多くなります。



一般車両通行止め区間に進入。許可をいただいていますが、
確認のため立ち合いをしてくださっている職員さんの姿も。



ダムを下流側から眺めて、バスが戻ってきました。



バスがダムの底を走っている間、マニアさんを撮影スポットまで送迎するワゴンも準備。



坂道を登っていきます。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)京築

2017年10月25日

行橋駅前:伊良原ダム西鉄バス完全復活祭


行橋駅。旅のイントロということもあり、真面目にここだけ集中撮影が難しいのです。



記念の車輪モニュメント。



そして完全復活祭のバスが横づけ。まず地元以外の場所からお越しになるマニアさん向けに、
ここから伊良原ダム方面に乗っていただくのです。



皆さん乗り込んで、



さて、



出発。



当方今回は砂津本陣會總本部広報として、マスコミさん対応と撮影のため、車で追いかけます。



そしてついでに帰着の姿も。日光の方向が変わっていますが、大きな変化はありません。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 21:57Comments(0)京築

2017年10月22日

行橋営業所出発:伊良原ダム西鉄バス完全復活祭


6月の西鉄バス完全復活祭の写真を、いまさらですが載せていきます。
今回借りたのは行橋の5745。行橋営業所でまずはちょっと撮影。



3月に伊良原ダムの水没エリアをマニアだけで走ったところ、
地元の方々、特にダム建設に寄って移住を余儀なくされた方々から、
「私たちも最後に地元をバスで走って思い出を残したい」というご要望が寄せられまして、
西鉄バス廃止路線完全復活祭の地域興しバージョン開催となりました。

参加者の取りまとめは、直売所「おこぼう庵」の尾崎夫妻に非常に骨折りいただきました。
ここであらためてお礼申し上げます。



ヤフオクドーム臨時と小倉競輪貸切。



側面の真正面から。



少しずつずらして、まるで撮影のために並んでくださったような。



それでは、出発致します。帰り着くまで掲載に何日かかりますやら。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 21:00Comments(0)京築