地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2019年05月11日

生月一部桟橋ターミナル


たこつぼ。



生月バスターミナル。



過去の賑わいがあったような空間ですが、その風景は知りません。
恐らく、まだ平戸と橋でつながる前の話だと思います。



窓口あります。



平戸桟橋までが幹線で、あと島の北の御崎と、通学用の平戸高校前と。



平戸高校線に11時15分の設定があるのは、途中市民病院を通るからかと。



ミディゆうんですかね。



御崎行き。



乗車券で往復。



御崎まで往復してきましたが、このブログの記事構造上、別の場所は別の記事になります。



平戸桟橋行き。島の中腹を走る、中学校経由しか現在は走っていません。
海沿いのルートは運休中です。



外にはどこにも、一部桟橋という表示がありません。

そういえば一部(壱部)桟橋というのも、珍しい名前なのかもしれませんね。
田助とか薄香とか、馴染みがあるので今さらその特殊性に目がいっていませんでしたが。

前回ここに来たときは、西肥バスでした。
その前は、薄香港からのフェリーでした。昔ですなぁ。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)生月バス

2019年05月09日

平戸桟橋


生月バス。



後ろに平戸城。



駐車場の隅。



建て替わって、観光案内所が強調されています。

建て替わる前の平戸桟橋バス停
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e570257.html



観光交通ターミナル。



西肥バス平戸桟橋。



遠く遠くまで。同じ離島の端と端、って感じです。

平戸の宮の浦
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e570261.html



佐世保駅前までの半急行。



天候により、的山大島・度島への船は薄香から。



上のメモに書いてあるのは薄香桟橋循環のバス時刻。
船が薄香から出るからでしょうか、この日は数分後に続行便も出ていました。



薄香港より出港のお知らせ。



待合は静かでした。



フェリー時刻表。



佐世保方面、宮の浦方面、そして松浦駅にも。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)生月バス

2019年05月04日

中尾橋


一部桟橋を出て、平戸方面へのバスは高台の住宅密集地へ。



歩道に佇むバス停。



生月バス、中尾橋。



時刻表。



反対側、都心向けの待合室。



雨宿りするバス停。



坂の上に車庫。



980。



車庫前もバス通り。



バスが走らない方向に海が見えて、こちらのほうが眺めはよいのです。



ちっこいバスもいます。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)生月バス

2019年04月28日

御崎


生月バスの標示、御崎は貼り紙。



350円の乗車券を往復分。



バスの終点は、県道も終点。



先の三叉路で方向転換をしてきて、



交差点脇のバス停から、すぐに一部桟橋へ向けて出発します。



御崎。牛注意が喚起されていますが、この日はどこでも姿を見ませんでした。



滞在時間は、どのバスも2分。方向転換するだけですな。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)生月バス

2019年04月23日

方倉


斜面の中腹にバス道路を通してみたものの、なぜここにバス停があるのか。。



方倉。



バスが走っている姿が撮れればよいのですが、いかんせん5往復。



バスはあなたの心の中で補ってください、
っていうネタはどの記事でも使えるように感じますが、
ここで消費してしまってよいのかは分かりません。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)生月バス