地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2019年04月29日

東上(ひがしかみ)小学校


二豊交通色でないことが残念なようでもあり、SL色で戻ってきた充実感があるようでもあり。

『ローカルバスの沿線へ』東上
http://tomoedabyouinmae4.fc2web.com/higashikami2.htm



集落を抜け、道幅の広くなった場所で、撮影者たちを待つバスもなかなか。


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)二豊

2019年04月28日

三田


ああ、こういう転回場、いかにも終点だよ、と嬉しくなる停車位置。



川の向こうにいくつかの住宅。



登ってくるバス通り側に民家はなくて、



集落の入り口、という佇まい。屯しているのは撮影の一団であって、地元の方ではありません。



三田(さんだ)。



みんながバスから離れたタイミングで撮っていますので、静かに見えますが、



周囲では20人以上のマニアが、カメラを構えたり談笑したり、思い思いに時を過ごしています。


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)二豊

2019年04月27日

本耶馬渓青の洞門


撮影前の降車時に、まるで手配していたかのように、大分交通の定期観光バスが並びました。



洞門駐車場です。

通常の路線バスが走っている姿は、こちらからどうぞ。

洞門駐車場
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1963449.html

但し現在は下記の通り工事中のため、バス停は対岸の道路に移設されています。
洞門をバスが通らないのは惜しいのですが、非日常という意味では迂回も記録したいところ。



このように訪問時は道路工事中につき、下流から上流への一方通行でした。



乗ってきたバスが川向こうを走り去り



戻ってくるところを撮影します。



さらにもう1周、



こんどはトンネルの外側から、撮影時のバス位置は、2枚とも同じ場所を選択してみました。



ということで、駐車場に再度停車して、



川を渡り、



レストハウス側の駐車場で昼休み。



こいのぼりの姿からもお分かりの通り、



風がかなり強く、撮影に適した方向に吹いてくれています。



エルガミオがどんどん愛おしくなる1日(笑)。



ネモフィラ。「青」の洞門なので、青い花を、という想い。



こういう仕様のレストハウスが賑わっているのも、なかなか稀有な貴重品なのでは、
という話をしましたので、記念に撮っておきます。

  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)二豊

2019年04月26日

有野


商店の脇で終点。



乗車券売ってたんですかね。



鯉のぼり。



向かって右側、堤防で行き止まり。



方向



転換



見事です。



山国川。



堤防は更新されています。先日の水害の際でしょうか。
以前はここに橋が架かっていたそうなので、
新橋ができても橋台だけ残っていた時期があると思われるのですが。



あちら側とこちら側、道はまっすぐに続いていた名残が、はっきりとあります。

  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)二豊

2019年04月25日

原井


中津からのローカル線終点、原井。
消防団の車庫があって、道の分岐点に余白があって、そして待機と転回。



向かって右側には山国側が流れていて、対岸は大分県です。
すこし下って県道の橋があり、大交北部バスの野路まで2キロくらい。
もともとこの付近は中津藩ですので、大分県との関係が強いですが、いちおう所属は福岡県。



しかしながら、元々はさらに先の有野まで路線がありましたので、次はそちらに向かいます。

  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)二豊

2019年04月24日

古俵神社


広津から海側に分岐して、古俵神社までの路線が、昔の路線図に掲載されています。

昭和30年台の西鉄バス路線図
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1958437.html

今回、運営さんの現地調査では、実際に走っていた時代の記憶を持つ人は見つかりませんでした。
まあ昭和40年に走ってたとしても、当時ハタチならば既に70を超えるわけですので、
むしろ人の流動が多い都心部の方が、検証作業は難しいのかもしれませんね。



当時、ここにはどんなバスが来ていたのやら。



今も巡回バスは来ていますが、バス停は古俵神社ではなく、漁村センターです。


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)二豊

2019年04月23日

中津城


バス路線がここまで来ていたわけではないのですが、映えるので中津城。



天守閣がちゃんと見えて、電線が消える位置まで移動。



廃止路線完全復活祭中津、行橋所属が来るんだろうと思ってましたが、



来たのは弥生が丘の1243、最新鋭のエルガミオくんでした。

  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)二豊