地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2019年04月27日


バスを待っていたら、Wの教習車が走ってきたのです。
この記事で伝えたいのは、それだけです。



反対方向のバスにカメラを向けたら、偶然フォロワーさんだったりもするのですが、



なかなか乗り合わせる偶然には出逢わないものです。



大手門三丁目で降りて、ラッピングバスだったので撮影。金武3126、ライオンキングです。



原に戻って、更地になった小園ハイツ。



隣のびっくりドンキーも閉店しています。



3月の下旬に、あっさりと。



ベスト電器も。原のバス停界隈も、景色が変わりますねぇ。



まだ「時刻表を見ずにバス停に来て支障のないレベルの本数」。



原(202号線)。金武が(金)になっとりますな。


  
タグ :西鉄バス


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)福岡青

2019年02月14日

野方チョコ

 本業休み
金武4935 原→「201博多駅」→六本松
片江3131 六本松→「16博多駅」→薬院駅前
 印刷物打合せ
 納豆家ランチ
愛宕浜7730 薬院駅前→「88中央埠頭」→中央埠頭→博多港国際ターミナル
金武4603 博多港国際ターミナル→「快速19四箇田団地」→祇園町


柏原6162 天神高速BT三越前→「快速W1福岡タワー」→天神北
壱岐8214 天神北→「68博多駅」→博多駅前
壱岐8214 博多駅前→「203野方」→原

  
タグ :西鉄バス


Posted by ちょんびん at 23:58Comments(0)福岡青行程表

2019年01月31日

正月のバス


日章旗を求めて都心へ、百道浜9801に出会ったので、



バスナビで検索して、百道浜9802を追跡。



ついで扱いですみません。百道浜7920。



愛宕浜に移動して、日ノ丸自動車の米子福岡便、年始なので2台運行。



海側には、仕事を終えたバスも。



都市高速系統の多い愛宕浜営業所は、日章旗も見られません。



1台いる!と思ったら吉塚。



Abemaラッピング



復刻9002



バスオ。



安全運転でお願いしバス。



  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡青

2018年07月23日

龍の宮で完乗


能古渡船場からアイランドパークと逆方向へ、終点を通り越して転回場へ。
奥には海の向こうに百道浜の建物群も見えます。

■能古渡船場
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2048286.html



折り返すバスをお見送り。この日は若いマニアさんが、福岡市内の西鉄路線完乗を達成されました。

大人数でバスに乗るのも、なかなか楽しいです。

■龍の宮
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1982465.html  続きを読む


Posted by ちょんびん at 21:11Comments(0)福岡青

2018年07月15日

渡船場前(龍の宮方面)


愛宕浜から船で能古島に渡ると、コチラにも西鉄バスが走っています。



アイランドパークからのバスが到着するバス停は、存在を主張する必要がないので、
立ち位置は地味。



渡船場前、龍の宮方面。



渡船場が終点ではなく、西側に住んでいる人がいるので、そちらにも多少走ります。
アイランドパーク方面に比べると、本数は格段に減ります。



バス停3つ。

■漁協前
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1982702.html

■浜崎
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1982603.html



バス停近くの待機場。
能古島のバス滞留場所はいくつかあって、どういう使い分けをされているのかは、よくわかりません。
じゃあ何ならよくわかっているかというと、全てをだいたい分かったつもりで生きています。



バスアップ。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)福岡青