地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2020年06月22日

KCオールスターズいすゞ


前掲のKCオールスターズ、当方の割り当てはいすゞ、早良の1302でした。



ここがいすゞ車、ってなーんもわからんす。教えてもらったルーバーくらい。



V8エンジンの音も、体得できないままだったなーと。



賀茂駅前で集合しまして、



ひとしきりのバス撮影。



何がおこっているのか興味津々で眺めている人と、
目を合わせないように通り抜けてゆく人と、いろいろな種類で社会が構成されます。



1302



借りた4台それぞれに営業所が違うため、同じように発注して別仕様の紙ができました。



集合撮影を終え、早良国民宿舎を複乗して、三瀬トンネルの向こう側、佐賀県へ。
何十万キロも走っている路線車ですが、佐賀県に来たことなんてあるのでしょうか。
移籍しない限り、本当に限られた範囲を何度も往復している印象です。



もと西山バス停のそばから福岡市街を。
生まれ変わったら電柱を抜いたり挿したりできるダイダラボッチのスキルが欲しい私ですが、
それよりは電柱が地中化された世界線に生まれ変わるほうが楽かもしれません。いやどっちだ。



金武宿のお約束。



羽根戸の非日常。
これが日常だった頃、ここにはバス待機スペースが白線で囲われていました。



これを達成された時点で、当方の「自身で早良区バスオフしたい」熱が急激に下降。



このあと農協前から四箇を経由し内野周りで17になります。



そして解散。いつもマニアの酔狂に応えてくださる運転士さんに心よりお礼申し上げます。


  
タグ :西鉄バス


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡青

2020年06月22日

KCオールスターズ

各写真ごとのキャプションは収拾がつかなくなるので一括で。
2019年3月3日に開催された、当方が知る中では最大規模のバスオフです。
参加者は100人を超えたそうです。

KCってのはバスの排気規制のいち年代を表す記号で、
いすゞとかふそうとか三菱とかUDとか日産とか日野とかバスのメーカー関係なく、
型番の最初につけられるのだとか。
自分で咀嚼できていない知識を書こうとすると、文体に伝聞形が増えますね。

そして同じKC代すなわち同学年とでも呼べるような別メーカーのバスを並べて
「違いを楽しむ」もしくは「違いがわからないことを再確認して楽しむ」という
文脈を必要とする高尚な遊びがこの日でございました。
イベントについての解釈は人それぞれ自由なので、
「KCオールスターズはそんなイベントじゃない」と思う人が大多数ですが知りません。

5W1Hだと、あと何が足りない?
あ、集合会場は福岡市西区、かなたけの里公園の駐車場で、
そのあと4台それぞれにどこか行って、個別に解散してます。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)福岡青

2020年05月26日

香椎花園南口の廃止を藤崎で


藤崎バスターミナルの2番のりば。博多駅まで行かなくなった代わりに、
香椎方面までの直通運行が行われている「2」と「22」。



東のほうで、多様に分岐する路線図。



香椎花園南口と四箇田団地が同じのりばから出発する世界。



今回は、香椎花園南口へのバスが廃止になるのを記録するのが主眼です。



朝にちょっとだけ、



土日だけ。



香椎花園南口に。



天神の隣で消えているのは、たぶん博多駅。



そして廃止告知。香椎花園南口バス停を廃止します。

香椎花園南口
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2013999.html



そして改正後。



吉住内科は近所。お父さんは小学校時代の校医で、いまも当方のかかりつけ。



かしいかえん。



南口。



天神がメインです。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)福岡青

2020年05月10日

小戸公園前


西鉄しか立ってないバス停の、昭和バス通過。



あっちとこっち。



小戸公園。



小戸公園前。



マリノアと能古渡船場、その間に名柄団地。



週末の日中だけ。



南向き。



福重・野芥駅前方面。



車両基地東。



桧原営業所行き。



快速系統。



平日の運行はありません。



10月28日をもって運行終了となりました。2018年に。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)福岡青

2020年05月09日

梅林駅


外環状道路2



木の葉モール経由のマリノア方面。



梅林駅。



能古渡船場ゆき。



期間限定走行は、予定通りの期日で運行打ち切り。2018年10月28日。



後付けバスのりば。



高台から。



姪浜駅の西側。



高架下のバス。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(1)福岡青

2020年05月08日

室見団地西口


ウチから一番身近な隘路。賀茂でも同じこと言ってますが。



室見団地西口、503が増えてここも運行頻度が格段に上がってます。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)福岡青

2019年09月18日

姪浜駅南口バス停


自分が当たり前と思っていることに価値を見出すのは難しいのですよ。



西鉄バス福岡都市圏に住まうものとしては、こういうバス停仕様は当然なのですが、



色分けされた路線図と、



地図ベースの路線解説と、



いろいろな説明文が掲載されているところが「西鉄らしさ」なのだと関東の方から指摘を受けました。



なるほどなぁ。



この時刻表仕様も、行先ごとに分けるのが西鉄デフォ。



同じ経路を通って、終点地だけが違う場合は、同じ枠に入れてもいいのに、と感じることも。



運賃が一覧になったことで、製作者の手間は格段に軽減化したと思います。
見やすさが犠牲になっているのですが、運賃ってそんなに気にしますかね。
目的地まで250円ならバスに乗るけど、280円だったらやめるって人もいないでしょうし。



とバス停に注目するのが今回の訪問主目的ですが、金武行きは少ないので撮ります。



2本立ってて担当を分割しているのも、西鉄特有なんですかね。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(2)福岡青

2019年07月26日

早良高校前


田植えあとのこんな景色でも、赤バスとスマルーが行き交うのが西鉄王国(違)



脇山へ。



斜面にバス停。



早良高校前。



高校生以外に利用者が見込めないのか、複乗せずに「歩きなさい」。
こっちはいいのですけれど、早良高校始発のバスが、早良高校前を通過するのはどうかと思います。
たしかに周辺人口はいなさそうですけどさ。



この日中の抜け具合、脇山始発ばかりなのです。



で、こうやってバスがやってくるようでいて、すぐ手前で肩透かしをくらうわけです。



読めません。



待機はそこそこ。



西新行き。



1日1本の金武、藤崎行き「2」。



早寿園前の道が、これ1本の独自区間だった時は、もっとそそられました。



快速3、通過バス停まで30バス停、所要40分、西新パレスから赤坂門まで一気に直通。

構内乗り入れ
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e476413.html


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡青

2019年07月21日

金武営業所出発のバス


スタンダードな天神行き。20日より天神三丁目止めになっておりますが、
まだこの記事を書いているのは改正前なので、表示が変更になるかどうかは分かりません。



こちらも次郎丸経由。ただい医療センター行き。
地域によっては、これだけ終点が離れているのに同じ番号?って驚かれるのかも。
でも2番のアイデンティティは原団地ですからw



201番。こちらも次郎丸経由。



これもまあ藤崎までは2番なのですよ。
そして医療センターで止まるものは2番なのに、呉服町ランプから博多駅に行くと306番。



田隈新町経由。文字数は次郎丸とひと文字しか違わないですが、
調整のため四箇田団地が簡略化されています。



橋本駅に複乗して、野方に寄って姪浜駅。


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡青

2019年07月02日

壱岐のバス(野方)


原往還で208に会うと、得した気分になります。
羽根戸や乙石が消えて、基本的に四箇田団地方面にしか行きませんので、
バリエーションが薄くなったような気分だったのです。



循環ミニバスは常に注目しているのですが、
乗車定員が少ないので、あんまり趣味人が集うのも迷惑なだけでしょうし。



現在は、乗り放題系の定期券はひととおりどれも使えません。あくまで現金客主体。



生松台に先に行くものは、野方に戻ってから都心方面へ直通します。
基本的に午前中の運行です。



なので、普通に514かと思いきや、これは先に生松台へ回ります。野方始発時点でこの表示。



天神に移動したら、サンデンがいい空気感で停まっていましたので、オマケで掲載。

本日はこのへんで。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(2)福岡青