地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2021年08月24日

復刻愛宕浜9002福岡空港国際線


国際線の2階。



建物内から、復刻色が眺められる不思議。



飛行機が自在に世界を飛び回る世の中は、どうやったら戻ってきますかね。


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡均一区間

2021年08月22日

復刻愛宕浜9002大濠公園


大濠公園の駐車場に進入した愛宕浜9002、バスヲタでない人もカメラを向けます。



よい天気。



足を止める人たち。



走りながらも視線を向ける人が多数。



12月開催でしたが、陽射し強いす。



らいおん。



貸切。



保護者のほうが興味津々、子は早く遊びに行きたいのです。


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡均一区間

2021年08月21日

復刻愛宕浜9002那の津


都市高速の桁の下。



寄る若者たち。



海の向こうに海の中道。



志賀島。



ローアングルを究めんと。



復刻UA市内周遊。愛宕浜9002



海の向こうが写り込みます。



窓から見える海、最高じゃないですか。


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡均一区間

2021年08月21日

W「11」藤崎


別府橋の陸橋を潜る前の「11」藤崎ゆき。W塗装は珍しいです。

  
タグ :別府橋


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡均一区間

2021年06月19日

渡辺通幹線色 6-1


キャナルシティ前にて。渡辺通幹線色。


  
タグ :西鉄バス


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)福岡均一区間

2021年05月30日

愛宕浜5720ぐりーん 福浜


都市高速に突入!ってかつては循環路線として回ってましたね都市高速そういえば。



でもここは箱崎の砂浜。



タワーとホテルとドームと。



そういう場所に。



ぐりーんバス。立花山やアイランドシティも。



うっかりすると、海に落ちる場所。



荒津の大橋。



すこしずつ暮れてゆきます。



タワーの下でお開きに。充実した一日でした。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)福岡均一区間

2021年03月11日

修猷館前


金武9294。



見事なタイミングの悪さで新型コロナにより中止となってしまいましたが、
2020年5月の修猷館高校同窓会総会幹事学年というものを仰せつかっておりまして、



物販班長を任せられたことに便乗しまして、
バス停(を含む高校の風景)をチロルチョコにするとこに成功しました。
ありがたいことに1,000円で800セットも売れまして、先輩方のご厚情に感謝するばかり。

特にひとつ上の先輩方にお世話になったため、個人的に宣伝しておきます。

ふくや
https://www.fukuya.com/

マイマイスクール
https://www.mymy.co.jp/

石蔵酒造
https://www.ishikura-shuzou.co.jp/

今さら宣伝しなくてもよさそうな方ばかりですな。

便乗
http://fuji-egg.co.jp/

当方の職場はたまご加工なんですが、調味料製造会社と間違ってまま電話がかかります。
あちらは富士食品工業さんです。
https://www.fuji-foods.co.jp/

ちなみにもやしを大量につくっておられるのも、別の富士食品工業さんです。
http://www.fujifoods.co.jp/



先頭車停車位置。



校門。



修猷館の歴史を象徴するもののひとつになっていますが、
そのわりにはあっさりと塗りなおしたりします。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)福岡均一区間

2021年02月24日

天神協和ビル前から快速廃止


世間に西鉄バスの素晴らしさを伝えたくて始めたこのブログですが、
福岡市民はこのブログの存在などまったく関係なく、
無意識に西鉄バスの素晴らしさは肌で感じていますので、記事更新は本日をもって終了いたします。

てなことを書いたところで世界は終わることもなく、
緊急事態宣言の2月7日終了がどうなるのかも決定していない時点で書いておりますので、
もしかしたら今頃呼吸器不全で生きていないかもしれませんがあしからず。

いやなんの目的もなく「やめるのがなんとなく惜しい」くらいのほうが続くんじゃないかなと。



快速13はこのとき消えてません。



じゃあ廃止じゃないじゃん、ってツッコミを入れる労力は、もっと社会的に役にたつことに使ってください。



ただの行先表示蒐集になってますね。
こういう時に営業所と車号も一緒に記入すれば、あとから文字検索が楽なんですが、
「特定の車両を見つけたくて苦労する」ほど単一車両に愛を向けていない昨今です。
私の勤勉がどうこうなるより先に、画像検索が番号まで読み取ってくれるようになりませんかね。



片江8108。



とイントロのつもりで引っ張ってきましたが、当該快速が出てきません。
これは各バスの行先番号に言及しておくべきものだったようです。
撮影日、分類して記事タイトル、そして本日の本文記載とまったく別の沖浜がおこなっておりますため、
過去の自身が想定したものとまったく違う何かが生み出されている可能性があります。



51柏原



52長住六丁目



なくなる系統は、快速51。



これですね。



ほんとうは快速52も系統廃止なんですが、
この訪問時刻ではすでに当日の運行は終了しております。



12片江営業所。



57柏原営業所。



52桧原営業所。



この撮影は2019年なので、まさかこんなに海外が遠くなるとは思いもせず。



14時48分の快速51撮影時点で、すでに快速52の運行は終了しております。
通勤通学時間帯の速達として走るのではなく、
需要が少ない時間帯に営業所へ戻るものを快速にしたような運行状況。



ほかいい本数走ってますけど、



現状では、減ることはあっても増えることは考えづらいのが寂しいですな。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)福岡均一区間

2021年02月12日

中洲4012


夕暮れの福岡に戻って、街中に西工白夜行を走らせます。



福博を繋ぐ橋に、



この姿。



川端を。



おもむろに。



復刻ラッピングが走ったのは偶然。



そして路地にて、残り少ない時間を惜しみます。


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡均一区間

2021年02月08日

那の津4012


灰色の世界にでも存在感を湛える姿。



大雨振ってますんで、撮影は大変ですけどね。



すぐそこが海。波は穏やかに。



那の津は、バスオフの定番スポットです。それぞれの車両が、個性をもって輝きます。


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡均一区間