地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2019年05月02日

LED行先表示を眺めて


博多駅前、BCのりば。



昭代はそんなに強調するほど大事か?という「11」。
独自区間はその付近ですが、むしろ昭代に行きたい人は城南線に「11」しか選択肢がないわけで、
柳橋とか桜坂とか、その辺ほかの番号と一緒で行けますよと表現した方が、
沿線需要を満遍なく拾えそうに感じたりもします。
薬院駅と六本松があれば足りるのかなあとも思いますが。



どちらにせよ「11」で藤崎に向かう人は殆どいないでしょうから、
藤崎の表記が小さいのは妥当だよな、という当方の勝手な納得を、
根本からひっくり返すのが「69-1」。

平尾小笹を通っての藤崎ですので、まずもって終点まで乗る人は数寄者だけでしょうに。
むしろ「桧原には行かんけんね!」という主張のために藤崎が大きいような気も。

駅前付近から藤崎に行くのに「11」は使わないよな、と書こうとしたものの、
じゃあ何番を選ぶのがよいのやら、実は「2」がなくなって、「9」や「11」が最善手なんですかね。

時刻検索で調べてみたら、夕方は「9」「11」「69-1」以外には「306」しか表示されず、
状況によっては藤崎に行く際に、バスターミナルよりマルイの前に来るほうが正答となりうる、
というところ、かなり驚き。
本当はバスに拘る必要もなく、素直に地下鉄に乗れという話なのかもしれません。

地下鉄300円、「9」270円、「11」370円、「69-1」380円、そして「306」が280円
 


「16」は片江に行きたい人より福大付近の方が目的地になりそうなので、しっくりくる表示。



「58」は小笹団地なんですね。



博多駅から福岡タワーに行くのに「10」は選択肢にならないなぁと考えますが、
だからといって終着地を書かないのもまた冒険なんでしょうね。



これは那珂川営業所に今立経由と現人橋経由がある前提だと便利な表示。



戯言を重ねると、変哲のない早良営業所の表示に安心しますね。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)福岡均一区間妄想・虚言

2019年01月31日

正月のバス


日章旗を求めて都心へ、百道浜9801に出会ったので、



バスナビで検索して、百道浜9802を追跡。



ついで扱いですみません。百道浜7920。



愛宕浜に移動して、日ノ丸自動車の米子福岡便、年始なので2台運行。



海側には、仕事を終えたバスも。



都市高速系統の多い愛宕浜営業所は、日章旗も見られません。



1台いる!と思ったら吉塚。



Abemaラッピング



復刻9002



バスオ。



安全運転でお願いしバス。



  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡均一区間

2019年01月30日

夜の博多駅


産交バスと昭和バス。



九州急行バスと西鉄高速バス。



西日本シティ銀行など。



月。



連節バスと新三井ビル。

冬の夜、空気の冷たさが、景色に価値を加えます。


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡均一区間

2018年08月11日

福ビルと天神コア


福ビル、みなさん思い思いの角度から撮ってください。



バスと一緒でも。



温度計だけでも。



横断歩道の向かい側からでも。



はかた号クイーンがやってきました。偶然の悦び。



この日は大濠公園の花火大会だったので、浴衣の女性多数。



天神コアも華やかに。



ひきの号、ノース天神、フタタ。



赤間2504。赤間駅南口行き「8」。



赤間営業所行き「75」。幕回しです。


  続きを読む


2018年08月10日

大濠公園花火大会の西公園駐車場


































































2018年8月1日の大濠公園花火です。特に個別キャプションは必要ないので、写真だけ。
スムーズなバス運行のため、たくさんの方に骨折りいただいていることに感謝を込めて。
  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡均一区間