地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2016年08月17日

下の山・友田病院前


病院ができました。いや、もともとあったけで意識していなかっただけでしょうか。
そういう時は過去記事を参照してみましょう。
自分で撮った写真なのに、まったく記憶にないものがよく写りこんでいますからw
ほら、「バス停の前には、畳屋と病院。生活感のある風景です」なんて書いてますよ。2009年の私。



病院は建て替わったようですね。そのタイミングでスポンサードされたのか、
「下の山・友田病院前」とバス停名が増えています。



病院側のバス停は新調されているのですが、



グループの丸鉄板。



平日は、殆どが雑餉隈まで直通。これも南側への通院帰宅を考えてでしょうか。
土日は毎時2本のうち、片方が井尻駅止めの運用。



ここから雑餉隈営業所まで直通で40分ほど、360円
博多駅方面にひとつ戻った諸岡四角から「44」だと200円。
大通りまで歩いて出ようという気になるんでしょうか、地元の方は。
ワタクシは諸岡から雑餉隈でも、敢えて「45」を選ぶようにできていますので、
変態の考えることは一般的指向と相容れないことは理解しております。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡緑

2016年08月16日

井尻駅前踏切


踏切を挟んでバスが向かい合い、その間を西鉄電車が抜けていきました。



井尻は、駅前に住宅も密集してますし、車のロータリーもないですし、
それが歩行者の循環を促すのか、店舗に活気があるように思います。
まちづくりって難しいですなー。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡緑

2016年08月15日

笹原駅入口


本日44才になりまして、と予約投稿でまだ誕生日を迎えていないのに書き出し、
せっかくなら「44」系統のバス停でも載せられればよいのですが、
在庫がないのでここまで一連の流れに乗って笹原駅。惜しい「45」番。



井尻駅側は、道がまっすぐ続いて、西鉄電車の踏切も見えて、
踏切手前まで直進していた頃の方が、路線としては野趣に富んでおりましたw
しかしながら実用でバスに乗る方は誰も、西鉄の市内路線に素朴な味わいを求めては居りますまい。



笹原駅入口。山王を経由して博多駅。



公園がちょっと後ろに引っ込んで、余白地に歩道ができました。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡緑

2016年08月13日

笹原


笹原駅東側の交差点、大きく左折。



笹原。



うまいこと書いてあります路線図。井尻から雑餉隈、電車で直行すれば隣駅ですが、
いろんなところに寄って、最終的な終点が南福岡だというだけの、
あまり乗り通す需要もなさそうな路線。



笹原駅。できた日に行きましたよ。まだ昭和でした。



駅の規模は、あんまり変わってないと思います。



踏切を渡るバス。ほかの場所では、道幅を考慮しての経路変更なんてのも起こってますので、
こういう風景もいつまでの続くわけではない、と思いつつ楽しみたいものです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡緑

2016年08月12日

井尻駅入口折立


細道。



一方通行の先がバス停、井尻駅入口。



折立への一方通行。



ここも車両は新しいものが増えましたね、と思いつつも、
期待通りの風景が残せたので、去ろうと思って、



で、帰る途中に、コレに出会うという縁。



ということで、博多埠頭を折り返して帰ってくるまで、井尻界隈で待つことにw
なのに、同じ場所で待っていると、自転車のおいちゃんがフラフラと走ってくるわけですよ(苦笑)。
で、慌てて写り込まないようにタイミングを調整できた代わりに、露出過多。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡緑

2016年07月30日

西鉄雑餉隈駅入口


雑餉隈駅入口。駅からめっちゃ遠いイメージでしたが、
線路沿いに歩いてみたら、そうでもありませんでした。踏切ひとつ分。
その時の気分とか同行者とかで印象はまた変わると思います。



「11」上宇美と、「43」福岡空港。どちらもそこそこ均等なダイヤ。



山田方面からバスが。



踏切を渡る上宇美行き。



58にも会いました。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡緑

2016年06月29日

九州ガンセンター


福浜は、「68-1」になりました。
沿線での区別は、天神まで行くかどうかではなく、
天神から先どっちに行くか、を主眼にされたということでしょう。
中尾辺りでバスを待てば、来るバスの殆どは天神方面行きですから。



旧病院とバス。



待機風景。基本的にはこのサイズが旧「61」のスタンダードかと思ってましたが、
最初の写真のような大型サイズも入るんですね。
そしたら松ヶ枝口あたりでは、車両によって道幅の圧迫感がかなり違うだろうなぁ。
もうすでに中型で撮った写真があるのですが、UPする前に大きいのも押さえたくなりますね。



九州がんセンター。
癌がひらがななのかカタカナなのかは、本当にびっくりするくらい統一されていません。
だからその時のパソコン変換に身をゆだねて、
同じ文章中に混在していても目を瞑って許されるのでは、と思うくらいに。



現在のバス停は、なぜか仮置き。
横の駐車場整備スキームの都合だと思いますが。



外環は独立的な路線だからよいとして、向新町方面が「48」番台ですから、
中尾側に行くのは「61」のほうが、区別はしやすかったかもしれませんね。
「68-1」だと、「48-2」だと共通の数字が出てきます。

こういう利便性の考慮は、バス好きとしてのタスクだと思うから行なっておりますが、
実際の私の本質は、「68-1」が「48-2」が視認区別できないような奴は逝ってしまへ、という側です。



こちらはバス停ではございません。



いいですよ、そんな説明しなくてもね。
バスが停まってから、間違っていたと慌てて駆け寄る年寄りを、優しく見守る余裕さえあれば。

実際にはね、そういうユーザー目線ではなく、
「何も書いてなかったから間違った場所でバスを待ってて慌てた」
というクレームに対する事先のリスクヘッジなのかもしれまんが。

ただ残念なことに、そういうクレームを付けるやつほど、最初から貼り紙なんて見ちゃいないのです。
想いはいつも、伝えたい人にだけ伝わらないのです。



58MCは、出会ったらもれなくカメラを向けます。たまにピースサインいただきます。
嬉しい運転士さんばかりでないことは存じておりますが、
こちらもライフワークでございますので、法に抵触しない限りのことは確信犯でさせていただきます。

これもね、とやかく言う奴に限って、個人情報とか口にするんですよ。
肖像権と個人情報の使い分けもできない方と議論するモチベーションは当方にございませんので、
そちらはそちらの正義と自由を振りかざして、勝手に生きてください。



連番なんですけど、見た目に差があるのは、
これまで走ってきた歴史が違うから。そういうことで。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 11:31Comments(2)福岡緑

2016年03月28日

五十川


戦前だったか戦後すぐだったか忘れましたけど、古い地図を見せていただきまして、
住吉神社の西、住吉橋から春吉とか、旧大名小学校の南側の道とかにバスが走ってた時代から、
人参町とか竹下とか経由して、この旧道にバスは走ってるのです。
もちろん、鉄道なんぞに邪魔されることもなく。



新しい道への接続点を直角に近づけるため、こういうカーブの取り方をされますが、



広い道に出たバスは、すぐに右折して、



旧道を愚直に走ります。と「46」を褒め称えていたのに、「46-1」ができました。
新道をそのまま南東に直進して井尻駅方面へ。



新しい区間を走ることになったバスですが、ランドマークが無いので、
新設区間だ!と即時に判断できず、驚きも有難みもいまひとつ。



旧道側に曲がっていくところのほうが、既存路線ながら萌えポイントw



「五十川」。正式表記は(ごじっかわ)だそうです。
50本なんてのも、十の正式音は(じゅう)と(じっ)しかなく、(じゅっ)とは読まないので、
ごじっぽんが正確なのだそうで。わたしはごじゅっかい以上ごじゅっぽんって言ってますけどね。
だいたい五十回も五十本も、ごじゅっかいとごじゅっぽんで変換できますしね。
そもそも私をわたしと読むのだって(以下略

行先が井尻とだけ書いてあるのがよいです。
経緯的には大濠公園を西公園と書いてあるのと一緒で、
ただ終点バス停の名称が変更になる前のが残ってるだけなのですが、
なんとなく、ざっくりとした井尻エリアに行くっぽいじゃないですか。
天神北バス停が最終停車地でも、天神行きって書いてるようなもんですよ(違)。



「46」と「46-1」併記。昨日乗車時に、
「井尻一丁目には行かないんですよね」と尋ねたうえで、
宮竹小で降りてたグランドパス利用のじーちゃんがいましたので、
便利になる人もいれば、不便を感じる人もいるんだろう、ということで。




途中まで別経路で、井尻の先から共通、わかりやすいですね。



あー隣接バス停が、ちゃんと新調されてます。



鉄板まで新しくされる前に、撮れてよかったです。
消されてるのは何でしょうね。



博多方面は、ここから番号「46」に統一されます。



バス停とともに、その街の風景も、と心がけて最初に目に入るのがこちらの店、博多小太郎。
焼鳥・豚足。私、同属嫌悪なんでしょうか、豚足食えないんですよね。
そんな個人の嗜好はどうでもよくて、全品5%引きやってます。
グーグルの地図に載ってる店名と違うので、最近居抜きでできた店なんですかねー。
五十川バス停、上りと下りの間にあります。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡緑

2016年03月28日

井尻駅前踏切


「45」だけでなく、「46-1」も停まるようになりました「井尻駅(踏切)」降車場。



降車専用です。「46-1」と「45」の相互乗継を考えても、
踏切の先のバス停を使えばよいだけなので、ここは降車場のままでしょう。
つまりは、朝夕など道路が混雑している際に、踏切先まで行くために待たされるより、
踏切手前で降りたい、という人のためのバス停になっています。
もしくは、宮竹小学校西方面と、笹原駅方面との相互乗換とか。



降車場側の後ろに、



待機用の車庫があります。
「45」は博多から井尻駅行きでやってきて、そのまま数分の待機で南福岡行き、というような、
折り返しなんじゃなくて一本の系統が真ん中で切られてる運用がありますので、
その場合、降りてここで乗れたらさらに便利なんでしょうけどね。



反対側の踏切バス停からは乗れるわけですし。



銘板には何の記載も追加されていませんが、ちゃんと時刻表は「46-1」が増えています。
「45」の本数も減りましたので、「46-1」が博多駅に行く人の補完になれば言うことなしですが、
あまりに経由地が違いすぎるので、そういう想定でのダイヤ組みは難しいでしょうし。



踏切を渡る路線バスは、減ることはあっても増えることは期待できませんので、
意識して撮っておきたいテーマであります。



もともと、井尻駅北の交差点経由の道がなかったので、
笹原駅からのバスは、線路沿いに停まっていました。
そして、そのまま左折して踏切を渡ることもできず、
前掲の踏切降車場の敷地で方向転換するという、現代では不思議に思える経路でした。
大土居とか、道が未発達だった時代は、各地にあったんでしょうけどねー。



踏切渡ったあたりの雑然とした雰囲気が好きなのですが、
車も人もいないタイミングを狙ってみたら、まったく感じが出ません。
やはり街を創っているのは、モノではなくヒトのようです。



「井尻駅前」。降車場は無視。STATION MAEというセンス。



行先表示はお気に入り。長らく眺めていると、
3つ並んだ雑餉隈営業所の違いだとか、福岡女学院が挟まっていることの意味だとかだけでなく、
ここにバス停が立っている意義なんかもわかるようになり、、、ませんねw



特定の場所に行きたい人が多くて、しかも間違って「45」に乗っちゃう人が多くて、
というわかりやすい対応。系統番号に枝番を付けてる価値がダイレクトにw



ダイヤ改正で「46-1」が新設された現在は、
3つの雑餉隈営業所行きを、「45」「45-1」「46-1」であると解釈して間違いは生じませんが、
実際のところはそうではないですからね。「45-1」ですら想定されていないはずです。

でも時間が経てば、そういうこともどうでもよくなっていく人が大多数なわけです。
私は、どうでもよくなっていかない人を想定してブログを書いているわけですが。
どうでもよくなっていかない人の典型が、私自身なわけでして。



雑餉隈営業所に行きたい人は、「46-1」系統ができたことで、
経路的に既存の45番台より直通してくれる、という話ですが、
常識的な人には、電車で行ったほうがいいよ、と教えて差し上げましょう。
そこでフレキシビリティを発揮できるかどうかが、
社会とうまく適合できるかどうかのバウンダリーになります。
柔軟性とか境界線とか言わないのは、中2病が40過ぎても治らないからです。
ドラスティックだねぇ!元ネタ



尻駅w


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)福岡緑

2016年03月27日

2016年3月26日ダイヤ改正井尻駅北バス停新設


「井尻駅北」。井尻駅方面。



隣は、もう駅。
博多駅へ便利になったのは、反対側のバス停なのですが、
けっきょく博多駅から戻ってくるときにこちら側も利用するわけで、
だからお知らせが両方に貼ってあるのは妥当な話。でも多少の違和感。



1時間に1本くらい。平日は「46」も雑餉隈営業所まで行きますが、
その一部もこちら「46-1」に振り替えられました。



井尻駅北から井尻駅、そして井尻駅前。「45」の経路変更なんかも起因して、
名称と現在地がいまひとつ噛み合っていないようにも感じられます。



バス停。



バス来て、



右折に向けて車線変更。



すぐ先の交差点から右折したら、井尻駅はすぐです。
走らなかった道路を新しくバスが走るのは嬉しいことですが、
あまり目立った風景ポイントも見つけられず、
地味な写真に終始してしまった私の力不足、どうぞご容赦のほど。

さらには、右下部分の曇りの原因は、
レンズの内側にホコリが入ってしまったためで、、
取ろうとしてカメラを分解してそのまま破壊してしまうというベタなことをやりまして、
本日、新しいコンデジを買いに行く予定にしています。ああーーー。

  続きを読む


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)福岡緑