地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2017年01月01日

全てのバスは原往還につづく

福岡市内西鉄全バス停掲載を目標としまして、一覧化するための準備ページです。
どこを基準にするか考えまして、自分の地元を中心にすることを決めました。
とりあえず思いつきでスタートするのはいつものことなので、
何か変更が加えられていたら、ああ支障が出たんだな、と見守ってください。
※RSSやメールで更新通知をお受け取りの方申し訳ありません。

■まず「2」のバス通り、そしてそれより西側
藤崎早良口弥生一丁目弥生二丁目原一丁目原団地原往還/有田/講倫館高校前/立屋敷/昭和新町/次郎丸駅前/次郎丸河原/次郎丸団地/田村一丁目田村三丁目三軒屋田村七丁目(羽根戸道)/四箇田団地入口/四箇田団地/四箇田団地口早良体育館前四箇金武中学校金武かなたけの里公園入口南金武室見が丘入口室見が丘中央室見が丘西金武営業所

平田/三十田橋/次郎丸中学校前田隈新町第二田隈新町/田隈小学校前/田村団地北口歯科大病院//福岡歯科大学前/田村団地/建石/四箇田団地北口/四箇田団地西口//西入部五丁目/室見が丘三丁目//原八丁目/賀茂一丁目/賀茂四角/賀茂二丁目第二/賀茂二丁目/野芥二丁目/賀茂駅南/賀茂駅北

室見一丁目/室見駅/愛宕神社前/愛宕二丁目/姪浜二丁目/姪浜小学校前/姪浜//姪浜五丁目/姪浜駅北口/姪浜駅南口/内浜ウエストコート東/石丸新町/新室見/福重三丁目/壱岐農協前/福重二丁目/橋本/木の葉モール橋本北口/大河原/野方/柿ノ内道隈壱岐南小学校前橋本駅//壱岐南小学校入口藤ヶ丘団地壱岐丘中学校前羽根戸/飯盛保育園前(保育所前)/飯盛神社前吉武/金武小学校入口

原四丁目/小田部一丁目/小田部二丁目/小田部五丁目/小田部大橋//福重/通町/つつじヶ丘団地/宮の前団地/生の松原団地南三陽高校前福岡西陵高校前//下青木/西警察署前/産学連携交流センター/西消防署元岡出張所前/九大センターゾーン入口/九大ビッグオレンジ前/九大理学部前/九大工学部前/九大船舶航空実験棟/九大総合グラウンド

南庄三丁目//室見三丁目/室見五丁目//室見四丁目/南庄/南庄二丁目/室見団地/室見団地西口/原北中学校前//小田部四丁目//西福岡中学校東口/有田一丁目/室住団地/井開/有住小学校前/美室団地口

外環室見橋/木の葉モール橋本前/橋本西/壱岐東小学校前/西体育館前/福重ランプ//石丸二丁目/白十字病院前/大町団地口/下山門中学校/車両基地東/都橋/内浜西区役所前

愛宕下/愛宕四丁目//百道浜四丁目/愛宕公民館前/豊浜団地/愛宕神社入口(豊浜団地入口)/郵便局前/マリナタウン第一/愛宕浜一丁目/マリナタウン第二/愛宕浜二丁目/福岡女子校前/能古渡船場/愛宕浜小学校前/名柄団地/愛宕浜四丁目//マリノアシティ福岡//姪浜三丁目

龍の宮浜崎漁協前渡船場前北浦口能古学校前展望台入口/小平谷/思索の森入口/教会前/アイランドパーク

愛宕一丁目姪浜駅東//愛宕南//下山門中学校東/石丸三丁目/中村//ウエストヒルズ北/ウエストヒルズ南/西市民プール前/生松台入口/生松台一丁目/生松台二丁目/生松台三丁目/野方台/上野方台団地/野方台団地/野方遺跡前/野方遺跡入口//野方西団地/福岡リハビリテーション病院前//野方天満宮/壱岐中学校前/拾六町団地口/拾六町団地/拾六町団地南//生の松原団地生の松原団地入口生の松原三丁目小松原上山門二丁目下山門駅入口/下山門団地/下山門団地入口/城の原団地/生の松原サンハイツ/ながらの団地入口/下山門小学校/下山門/車両基地前

■藤崎から電車通りより海側、そして「3」
西新パレス前/西新商店街前/修猷館前/防塁前/高取//百道/百道浜クリニクゾーン前/福岡タワー南口/福岡タワー/博物館北口/医師会館・ソフトリサーチパーク前/百道ランプ口/ヒルトン福岡シーホーク前/九州医療センター/ヤフオクドーム前/福浜二丁目//福浜/伊崎/中央市民プール前//百道中央公園西口/博物館南口/西南中高前/領事館前//西南学院大学前/

給油センター/港郵便局前/港銀座通//唐人町三丁目/福大若葉高校前/荒戸二丁目/港二丁目/すの子/港一丁目/長浜二丁目/長浜一丁目/福祉センター前・浜の町病院入口

脇山口/城西三丁目/祖原/荒江/荒江四角/飯倉一丁目/飯倉二丁目/飯倉/唐木/干隈/城南郵便局前/野芥駅前/野芥/野芥三丁目/野芥四丁目/早良妙見西口/重留新町/重留/早良営業所前/早良営業所/三郎丸/東入部/入部幼稚園前/早良平尾/一ツ家/仙道/谷/城の原/脇山小学校前/脇山野営場/谷口/一ツ田/湯の野/椎原//早良公民館前//大坪/星の原団地//干隈一丁目/西南杜の湖畔公園西/菊池ヶ丘//早良妙見東口/野芥六丁目/西油山ハイツ/重留一丁目/早寿園前/四箇田公民館//さわら台団地西口/さわら台団地南口/さわら台団地//願正寺/野田/早良高校前/早良高校/栗尾/池田//早良公民館前/平尾新町/富士ヶ丘/内野/宮前/陽光台/古賀/多々良瀬/下の畑/中石釜/上石釜/水源地前/大谷口/曲渕//西広瀬/西中山/西原田/西神の原

■天神より西の東西筋
舞鶴一丁目/法務局前/平和台通り/大手門三丁目//西鉄グランドホテル前/大名二丁目/赤坂門/鴻臚館

■天神
天神北/天神コア前/天神大丸前/天神高速バスターミナル前/天神ソラリアステージ前//天神福ビル前/天神新天町入口/天神協和ビル前/天神証券ビル前/天神福銀本店前/天神大和証券前//天神三丁目/天神中央郵便局前/天神日銀前//天神一丁目/天神警固神社三越前

天神四丁目/天神南


昭代三丁目
  
タグ :西鉄バス


Posted by ちょんびん at 01:01Comments(0)目次

2017年09月22日

『Y氏は暇人』からお越しくださった方へ

※2017年9月22日更新


今回の話題となりました「小笹南口」は、こちらから参照ください。

もともと小笹の中心地が団地付近だった際に、北から
団地→南口→駅前という順番でバス停の名前が付いたわけです。
この時点では、駅の付近は小笹の南端という位置づけだったのでしょう。

それが駅廃止の時点では、団地より駅前のほうが中心地になっていたのですね。
バス路線が交差することもあり、主要地として「●●丁目」とか「交差点」とか付かない
「小笹」に改称されたのに、北にある「南口」はそのままにしたために、
ちょっと面白いことになっております。

当サイトは、北部九州のバス停とバス路線についてただ戯言を述べているブログです。
たまに僻地の路線について本に寄稿もしています。
『秘境路線バスをゆく』で検索いただけると幸いです。


※2016年10月8日14時52分掲載、9日7時7分更新
『Y氏は暇人』にネタ提供させていただきましたご縁で、
いつもの倍以上アクセスがありますので、緊急掲載です。

訪問ありがとうございます。
当ブログは、西鉄バスを中心として、
バス路線の沿線風景と終点バス停の風俗をひたすら載せ続けるだけの、
価値観が普通の方にはどこに反応してよいのか不明な内容となっておりますが、
何か楽しみを見つけていただければ幸いです。

ご自身のお住まいの地域や職場など、気になる場所がある場合、
当ブログの検索を使っていただくと、全てのキーワードに反応するため、
かなりの高確率で、ノイズが出ます笑。

そのため、グーグル先生で、「ほぼ西鉄 ○○」と、
○○の部分に気になっている場所の最寄バス停を記入していただいたほうが、
期待に近い記事がご覧いただけるのではないかと存じます。
よろしくお願い致します。

あと、特定の場所にこだわりがなく、ざっくりとした地域のバス停を見てみたい場合、
地図上で探していただくのがよいかと思います。

すこしお待ちいただくと、こんな感じで、最終的には真っ赤に染まりますので、
笑っていただければと思います。

こんなとこ載せて欲しいとか、こんな面白いとこあるよとか、
このバス路線、昔はこんなんだったんだよねぇ、というような情報を、
随時募集しております。ぜひコメントください。
  


Posted by ちょんびん at 12:07Comments(2)目次福岡橙

2018年03月17日

いい大人として振舞わせていただくための概容

ツイッターやFB、ブログなどでお友だちになってくださっている未成年の方へ:

こんなオッサンの道楽に関わっていただいてありがとうございます。
当方、楽しそうにバスに乗ること以外にスキルがありませんが、
何かお役に立てることがあれば今後ともお申し付けください。

対人関係構築能力は高くないので、
あらゆる方と潤滑に交流できることはあり得ないと思います。
どうぞご自身のご都合により、気の向くままの取捨選択をお願いします。

とはいうものの、

当方も高校生と中学生の父親でありまして、そちら側の立場で考えると、
自身の子が「ネットで知り合った45才のマニアのオッサンに誘われたから」と
一緒にイベントに行ったり遠出したりしている情況は、
一抹の不安が生じるであろうこと、想像に難くありません。

そこで、

一応、わたくし普通に一般企業に所属勤務しておりますし、
そこそこの社会性も持ち合わせておりますので、
みなさんのご家族が、「あいつ本当に信用していいのか」と懸念された場合は、
ひとことご挨拶に参上するなんてことも厭いませんので、ご検討のほど。

※但し、

お会いした上で「さらにうさんくさく感じられた」という印象をもたれた場合(笑)、
当方にできる改善には限りがありますので、そこはご容赦ください。

今後も遊んでいただくことが続きそうなので、ここで確認まで。

  


Posted by ちょんびん at 11:11Comments(0)目次