地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2017年05月12日

東郷駅前 宗像大島への観光客増加


東郷駅前のバスのりばが工事中でした。
これも世界遺産登録に向けて、宗像大社や神湊への観光客輸送を強化する一環でしょうか。



バス通り。



いまは通路も狭くて、バスが走るのも大変そうです。



宗像大社や神湊波止場へは「1」「1-2」が行きます。でも赤間営業所行きは行きません。
道の駅むなかたには寄るものと寄らないものとあります。なかなか複雑です。



路線表なのですが、神湊波止場なり宗像大社なり、何か目立たせる工夫がほしいです。



東郷駅前バス停も、仮置きの状態です。。



「1-2」が入線してきて、



さらに窮屈な感じになりました。
もともと待っていたのは「2」鐘崎で、後から来たのが折り返して神湊行き。
知らないと乗るのも不安が出るでしょうね。



使われる車両が大きいのも、観光客増加を見越してのことではないかと思います。
実際、このあと神湊波止場までの便は、席が埋まるくらいの利用がありました。
この車両が「1-2」を走るのなら、で撮ってみたいものです。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(4)宗像

2017年05月12日

東新町 米山町


駅が近づいてきて、あからさまに建物が高層化します。
月見町の付近は、地下鉄の貝塚駅に近いためマンションが多く、
米一丸あたりは一戸建ての住宅街になって、またこのへんはマンションだらけ。



九大前経由の系統の名残。



東新町。



小料理、小梅。



JRの高架と公園。



バス停の真上を飛ぶ飛行機。空港が近いのです。



筥松二丁目が旧東新町。完全な一対一対応ではないのですが、信号が説明してくれています。



箱崎駅西口には、よね山という店もありました。
もともと駅が移転してくる前は、米山町というバス停でしたので、恐らくこの店の名も地名由来です。



箱崎駅西口の時刻表。「77」が明治通りを経由して、タワーまで行きます。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)福岡茶

2017年05月11日

東郷駅日の里口 特急むなかた号発着


宗像西鉄タクシー委託路線。



神宿る島、宗像沖ノ島の関連遺産群を世界遺産に、
といいつつ沖ノ島だけを切り離そうという動きがあるようですね。

個人的には、宗像三社一括でないなら世界遺産辞退も、という流れに共感しますが、
今後の世界遺産認定を目指す日本各地の方々にとっては、
宗像が辞退することで認定部局の心証を悪くすることを懸念するでしょうから、
なかなかそれぞれの思惑があって難しそうです。

世界遺産も増えてきてますし、観光客誘致に力を発揮するのも、
そう長くは持たないように感じるのですが、どうなんでしょう。



まあ大島が注目されるおかげて、こうやって神湊波止場までの特急も走りますし、
宗像大島には観光用バスが走り出すわけですから、
有難い話なんですけどね、世界遺産登録勧告。



天神と道の駅むなかたのほかに、ユリックスと日の里団地の循環路線もあります。



東郷駅日の里口。



宗像タクシー委託路線のバスは、



ある意味レアもの、○宗タの表記があります。5730。



神湊波止場行きは、土日祝朝1本だけの運行なのですが、



観光振興のために予算が出てるのではないかと思います。ちゃんと専用幕があります。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)宗像

2017年05月11日

米一丸 主君一条殿の横恋慕


米一丸。もとは人名です。
最終的には、人間も生物である以上、男と女の感情から逃れられないのですよ。
自身の悲劇が1000年語り継がれるのは、嬉しいことなのでしょうか、米一丸にとって。



月見町から進んできて、ちょっと店があったり繁華街になった感じ。



ドラッグストアコスモスの壁面にバス停。



月見町坂本町大和町、米一丸、東新町、美しき三文字。ここだけ町なし。



天神・赤坂門方面。



異国の家族が、銭湯から出てきたところに、「71」のバスが来ました。大濠公園行き。



藤棚。



筥松緑地。

米一丸の供養塔は、他のサイトを検索してください。
当方、誰もやってくれないバス停風景の記録は入念ですが、地域風物の記録はぞんざいです。
もっと上手な方がたくさんおられると思うので。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 06:06Comments(0)福岡茶

2017年05月10日

大橋 西鉄駅ではなく上山田


ちょっと広がったところにバス停が向かい合っていて、



バスを待っているのかと思いきや、ただ友だちを待っているだけだった若いムスメ。



バス去ります。飯塚へ向けて。



国道のカーブに、



消えて久しい湯~遊~共和国の看板が現役。



上山田方面のバス停は、島式の専用地。



大橋。



「23」だけの単一系統路線になりました。



1時間に1本。



後ろで桜が鮮やかに。



千鳥饅頭は筑豊の象徴←言い過ぎ。



裏路地。



終点までそう遠くないバス停ですし、
ここであふれるほどの人がバスを待ったことがあるのかもわかりません。
ただ、今よりバスが大事にされていた時代があった、というのは覗えます。



田川方面にも、かつてはバスが走っていたのですけどね。


  続きを読む


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)筑豊