地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2019年04月25日

原井


中津からのローカル線終点、原井。
消防団の車庫があって、道の分岐点に余白があって、そして待機と転回。



向かって右側には山国側が流れていて、対岸は大分県です。
すこし下って県道の橋があり、大交北部バスの野路まで2キロくらい。
もともとこの付近は中津藩ですので、大分県との関係が強いですが、いちおう所属は福岡県。



しかしながら、元々はさらに先の有野まで路線がありましたので、次はそちらに向かいます。

  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)二豊

2019年04月25日

香椎宮しょうぶ園前


香椎宮の駐車場、周辺に桜の樹、沿って走るバス、信号待ち。



横断歩道手前で一旦停止します。



直進するのは「28B」。



香椎宮なのにアイがひとつ足りませんし、しょうぶえんが全部平仮名ですし、



正面と側面ですら統一性が達成されていません。
そして西公園バス停は大濠公園になって久しいのですが、まだ未更新です。

とはいえ更新されて方面表示になってしまえば、マニアは惜しみ嘆くのですから、
まあ当方のような泡沫が社会的に認められないのは当然といえます。



鳥居の奥にも桜。



その横に郊外方面のバス停。



路線廃止を伴わない改正には、あまり反応できない体質なのですが、



「27」が平日1日1本になったのは、ちょっと注目。この後タイミングが合ったので、乗りました。
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2066278.html



LED表示を蒐集しだすと、こういう1本だけの天神止めも気になり出すのでしょう。
けっこうマニアというのも、それぞれにツボが違うからこそ面白いです。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)福岡黄