地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2019年04月27日

本耶馬渓青の洞門


撮影前の降車時に、まるで手配していたかのように、大分交通の定期観光バスが並びました。



洞門駐車場です。

通常の路線バスが走っている姿は、こちらからどうぞ。

洞門駐車場
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1963449.html

但し現在は下記の通り工事中のため、バス停は対岸の道路に移設されています。
洞門をバスが通らないのは惜しいのですが、非日常という意味では迂回も記録したいところ。



このように訪問時は道路工事中につき、下流から上流への一方通行でした。



乗ってきたバスが川向こうを走り去り



戻ってくるところを撮影します。



さらにもう1周、



こんどはトンネルの外側から、撮影時のバス位置は、2枚とも同じ場所を選択してみました。



ということで、駐車場に再度停車して、



川を渡り、



レストハウス側の駐車場で昼休み。



こいのぼりの姿からもお分かりの通り、



風がかなり強く、撮影に適した方向に吹いてくれています。



エルガミオがどんどん愛おしくなる1日(笑)。



ネモフィラ。「青」の洞門なので、青い花を、という想い。



こういう仕様のレストハウスが賑わっているのも、なかなか稀有な貴重品なのでは、
という話をしましたので、記念に撮っておきます。

  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)大分交通二豊

2019年04月27日


バスを待っていたら、Wの教習車が走ってきたのです。
この記事で伝えたいのは、それだけです。



反対方向のバスにカメラを向けたら、偶然フォロワーさんだったりもするのですが、



なかなか乗り合わせる偶然には出逢わないものです。



大手門三丁目で降りて、ラッピングバスだったので撮影。金武3126、ライオンキングです。



原に戻って、更地になった小園ハイツ。



隣のびっくりドンキーも閉店しています。



3月の下旬に、あっさりと。



ベスト電器も。原のバス停界隈も、景色が変わりますねぇ。



まだ「時刻表を見ずにバス停に来て支障のないレベルの本数」。



原(202号線)。金武が(金)になっとりますな。


  
タグ :西鉄バス


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)福岡青