地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2019年04月28日

御崎


生月バスの標示、御崎は貼り紙。



350円の乗車券を往復分。



バスの終点は、県道も終点。



先の三叉路で方向転換をしてきて、



交差点脇のバス停から、すぐに一部桟橋へ向けて出発します。



御崎。牛注意が喚起されていますが、この日はどこでも姿を見ませんでした。



滞在時間は、どのバスも2分。方向転換するだけですな。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)生月バス

2019年04月27日

本耶馬渓青の洞門


撮影前の降車時に、まるで手配していたかのように、大分交通の定期観光バスが並びました。



洞門駐車場です。

通常の路線バスが走っている姿は、こちらからどうぞ。

洞門駐車場
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1963449.html

但し現在は下記の通り工事中のため、バス停は対岸の道路に移設されています。
洞門をバスが通らないのは惜しいのですが、非日常という意味では迂回も記録したいところ。



このように訪問時は道路工事中につき、下流から上流への一方通行でした。



乗ってきたバスが川向こうを走り去り



戻ってくるところを撮影します。



さらにもう1周、



こんどはトンネルの外側から、撮影時のバス位置は、2枚とも同じ場所を選択してみました。



ということで、駐車場に再度停車して、



川を渡り、



レストハウス側の駐車場で昼休み。



こいのぼりの姿からもお分かりの通り、



風がかなり強く、撮影に適した方向に吹いてくれています。



エルガミオがどんどん愛おしくなる1日(笑)。



ネモフィラ。「青」の洞門なので、青い花を、という想い。



こういう仕様のレストハウスが賑わっているのも、なかなか稀有な貴重品なのでは、
という話をしましたので、記念に撮っておきます。

  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)大分交通二豊

2019年04月27日


バスを待っていたら、Wの教習車が走ってきたのです。
この記事で伝えたいのは、それだけです。



反対方向のバスにカメラを向けたら、偶然フォロワーさんだったりもするのですが、



なかなか乗り合わせる偶然には出逢わないものです。



大手門三丁目で降りて、ラッピングバスだったので撮影。金武3126、ライオンキングです。



原に戻って、更地になった小園ハイツ。



隣のびっくりドンキーも閉店しています。



3月の下旬に、あっさりと。



ベスト電器も。原のバス停界隈も、景色が変わりますねぇ。



まだ「時刻表を見ずにバス停に来て支障のないレベルの本数」。



原(202号線)。金武が(金)になっとりますな。


  
タグ :西鉄バス


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)福岡青

2019年04月26日

有野


商店の脇で終点。



乗車券売ってたんですかね。



鯉のぼり。



向かって右側、堤防で行き止まり。



方向



転換



見事です。



山国川。



堤防は更新されています。先日の水害の際でしょうか。
以前はここに橋が架かっていたそうなので、
新橋ができても橋台だけ残っていた時期があると思われるのですが。



あちら側とこちら側、道はまっすぐに続いていた名残が、はっきりとあります。

  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)二豊

2019年04月26日

松島庁舎


廃止になる樋合経由を、最終日に惜別乗車。



終点は松島庁舎、こちらはまだ新しい新しい路線です。



バスはすぐ、さんぱーるに同経路で折り返します。「樋合」を記念に。



定番のリエッセですが、すこしずつ見る機会は減っているように思えます。
5年くらい前は、高森も人吉も本渡もリエッセだらけのように感じたのに。



一日乗車券を持っているので、松島まで折返し乗って戻ってもよかったのですが、



時刻表なんかも撮りまして、



歩いて戻りました。それでも10分かからないくらいの距離です。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)産交バス

2019年04月25日

原井


中津からのローカル線終点、原井。
消防団の車庫があって、道の分岐点に余白があって、そして待機と転回。



向かって右側には山国側が流れていて、対岸は大分県です。
すこし下って県道の橋があり、大交北部バスの野路まで2キロくらい。
もともとこの付近は中津藩ですので、大分県との関係が強いですが、いちおう所属は福岡県。



しかしながら、元々はさらに先の有野まで路線がありましたので、次はそちらに向かいます。

  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)二豊

2019年04月25日

香椎宮しょうぶ園前


香椎宮の駐車場、周辺に桜の樹、沿って走るバス、信号待ち。



横断歩道手前で一旦停止します。



直進するのは「28B」。



香椎宮なのにアイがひとつ足りませんし、しょうぶえんが全部平仮名ですし、



正面と側面ですら統一性が達成されていません。
そして西公園バス停は大濠公園になって久しいのですが、まだ未更新です。

とはいえ更新されて方面表示になってしまえば、マニアは惜しみ嘆くのですから、
まあ当方のような泡沫が社会的に認められないのは当然といえます。



鳥居の奥にも桜。



その横に郊外方面のバス停。



路線廃止を伴わない改正には、あまり反応できない体質なのですが、



「27」が平日1日1本になったのは、ちょっと注目。この後タイミングが合ったので、乗りました。
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2066278.html



LED表示を蒐集しだすと、こういう1本だけの天神止めも気になり出すのでしょう。
けっこうマニアというのも、それぞれにツボが違うからこそ面白いです。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)福岡黄