地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2019年05月08日

竹乃屋

金武8230 原→「2天神」→法務局前
 会社接待
壱岐9811 舞鶴一丁目→「2-3野方」→藤崎
早良2801 藤崎→「2-9賀茂駅」→原往還
  
タグ :西鉄バス


Posted by ちょんびん at 23:58Comments(0)行程表

2019年05月08日

行橋駅東口


新設されて間もない「行橋駅東口」次は小波瀬。



本陣會の廃止路線完全復活祭のあと、行橋営業所から駅まではそこそこ距離あるなーと思いました。
短距離での乗降も可能なので、営業所と駅の相互移動でも使いではありそうです。
それなら「19」も、行橋営業所=駅=駅通りと回ったらどうかとも考えます。
太陽交通で足りると判断する方が妥当ですかね。



毎時1本以上は担保されています。
60分以上待たされるのは、平日の9時48分から10時54分までだけですかね。



ヤフオクドーム行き。
行橋から天神まで1640円、ドームまで2160円、天神からドームまで230円。
それでも乗り換えの手間とか着席とか考えたら、直行を選ぶのはアリでしょうね。



ということで、駅前に西鉄のバス停が立ったことが、何よりうれしいのでございます。
そういいつつ、元の駅前発着所の撮影は忘れてますが。



行橋駅、18時を過ぎても空が明るいです。



太陽交通の行橋駅行きが到着。
ブログ記事としてバス車両が収められたので、満足して帰路につきます。

  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)京築

2019年05月08日

岩戸寺上


雨模様で幽玄な雰囲気を醸していると言えないこともないですが、基本的には何もないです。



国東観光岩戸寺上、いわとじかみ。



学校の放課時刻によって、冬と夏でバスの時刻も変わります。



この時点では土曜日も運行があることになっていますが、現時点では平日3往復のみ。
朝夕には片道の回送もありますし、最終便は学休日運休ですので、
長期休みなどの期間に往復できるのは、実質午後の1本だけ。

国東からのフィーダー線、ぜんぶ似たような運用で、
同じ時刻に一気に出発してしまうため、1日に複数の系統に乗るのが難しいです。
まあここ岩戸寺も含めて、道路拡張の入ってしまったところが多いですので、
最初にどれか選べというのであれば、まずは稲川に行くのが妥当なのでしょう。



30年の3月にもこうやって改正が行われていましたが、
この後に土曜日の運行も廃止になったんですね。



きれいな道。



国東の地図を眺めると、両子山がどこからでも円錐形に見えるコニーデ地形のように感じるのですが、
実際はけっこう山が連なります。



リエッセ到着して折り返します。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大分交通