地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2019年05月11日

草野農道


定期バス路線から離れて、耳納連山を背景に、2箇所目のフォトラン。



田園風景の中、交差点を曲がって、



停車。



緑が映えます。


  


Posted by ちょんびん at 19:19Comments(0)久留米

2019年05月11日

生月一部桟橋ターミナル


たこつぼ。



生月バスターミナル。



過去の賑わいがあったような空間ですが、その風景は知りません。
恐らく、まだ平戸と橋でつながる前の話だと思います。



窓口あります。



平戸桟橋までが幹線で、あと島の北の御崎と、通学用の平戸高校前と。



平戸高校線に11時15分の設定があるのは、途中市民病院を通るからかと。



ミディゆうんですかね。



御崎行き。



乗車券で往復。



御崎まで往復してきましたが、このブログの記事構造上、別の場所は別の記事になります。



平戸桟橋行き。島の中腹を走る、中学校経由しか現在は走っていません。
海沿いのルートは運休中です。



外にはどこにも、一部桟橋という表示がありません。

そういえば一部(壱部)桟橋というのも、珍しい名前なのかもしれませんね。
田助とか薄香とか、馴染みがあるので今さらその特殊性に目がいっていませんでしたが。

前回ここに来たときは、西肥バスでした。
その前は、薄香港からのフェリーでした。昔ですなぁ。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)生月バス