地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2019年07月02日

壱岐のバス(野方)


原往還で208に会うと、得した気分になります。
羽根戸や乙石が消えて、基本的に四箇田団地方面にしか行きませんので、
バリエーションが薄くなったような気分だったのです。



循環ミニバスは常に注目しているのですが、
乗車定員が少ないので、あんまり趣味人が集うのも迷惑なだけでしょうし。



現在は、乗り放題系の定期券はひととおりどれも使えません。あくまで現金客主体。



生松台に先に行くものは、野方に戻ってから都心方面へ直通します。
基本的に午前中の運行です。



なので、普通に514かと思いきや、これは先に生松台へ回ります。野方始発時点でこの表示。



天神に移動したら、サンデンがいい空気感で停まっていましたので、オマケで掲載。

本日はこのへんで。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(2)福岡青