地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2019年07月29日

貝津団地入口(諫早インター乗換)


諫早インターで降りたら、



ここがお約束の貝津団地入口。



あとリンガーハットでちゃんぽん食べるのも定番、と知ったように言ってますが、
長崎エリアは車で行く機会が多いので、この乗換自体が十数年ぶり。



でも見慣れた景色。



系統が多くて、なるほど知らずに福岡の天神で放り出されたら、こういう気持ちになるんだろうなと。


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(2)長崎県営バス

2019年07月29日

延命公園・動物園前


延命公園・動物園前ができるまで、市立病院は複乗区間でしたが、
現在は大牟田駅=私立病院=動物園=営業所という並びになっています。



寄るのは庄山と南関、25番と55番、熊本県絡みのもの。



ところが平日は庄山行きがありません。こちらは以前の通り、市立病院を複乗するルート。

「55」の大牟田営業所行きも、朝は市立病院から警察署を通る便があり、こちらが「55」。
延命公園を経由するものは、大牟田駅まで「55-1」を名乗っています。



バス停は地図の右端です。
大牟田の動物園に入った記憶がありませんが、動物園入口まで遠くないですか。



駐車場を一部改造して造られたロータリー。奥が市立病院です。
道路ベースでの完乗を考えた場合、市立病院→営業所だと、
ロータリーの入口から出口までを走りませんので、逆方向に乗った方がよいような気もします。

でもそこまで細かく考えだすと、どっちの車線走ってるかも気にしないとならんのですかね。



ということでバスがロータリー進入して、



バス停での停車風景を撮っていると、乗降に時間がかかって迷惑をかけるので、
撮らずに大牟田営業所到着です。

八女から柳川経由で大牟田駅前まで乗ってきた2902。
柳川経由はTダイヤだったので、運転士さんは乗り換わっています。



ここから回送で出ていくということは、グリーンランドのほうから始発でしょうか。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大牟田