地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2019年12月13日

津屋崎浜


枯れかけの紫陽花とバス。



当の春ではなく唐の原。



そして唐突に津屋崎浜。

昨日記事で上五島の津和崎を掲載したところ、未掲載一覧の中に津屋崎を見つけまして、
なんとなく韻を踏むような気分になって西肥バスから脱線です。



均等なようでいて均等でない電車代替。



津屋崎橋まで直通でこれだけの本数があるのはつよいです。



福間方面バス停。



夕方は福間駅戻りのバスが増えます。



まあ1時間に2本くらい。



そして海。



波に足元を干渉されながらバスを撮っています。



思ったより堤防が高いのですな。隠れること下半分あまり。

津屋崎千軒


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)宗像