地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2019年12月14日

干切(ひぎれ)


終点で降りたあと、バスがそのまま進んで見えなくなると、寂しくなりません?



干切。



これだけ来るのもありがたいような端っこの印象です。



待合?



住宅の奥に、バスの待機が見えます。



そして戻りは坂。



バスが折り返してきまして、



乗ります。



箒山から佐野原船隠経由で干切に行き、折り返して有川まで。
系統はずっとつながっている想定で、佐野原や船隠からも直通運賃設定があります。
本数が少ない中、なるべく多くの二点間を繋ごうとしている姿が凄いと感じました。


  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)西肥バス