地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2020年02月12日

新茶屋たくさん


踏切を渡るバス。



2台運行。



かいおうに偶然遭遇する運と、それを活かしきれない技術量。



新茶屋。



寿命、じゅみょうではなくじゅめい



郵便局。



飯塚行きが、27、28とあった記録。



そして、大幅な減少。



大分坑時代から更新されておらぬのですな、14ということは。



立派なバスカット。



反対側。



べんとうのピクニック、確かに安いです。味もそれなりに、値段よりはお値打ち。



こちらも14、そして28。



吉隈が廃止になっただけでなく、大隈の本数も大幅に減っているのです。



このように。



国道から分岐したほうにもバス停。



その反対側。



往復便すべてが桂川駅に寄ってますし、撮る対象はひっきりなしに来る印象でしたが、
それも改正前まで。



こちらは両方向掲載。



それがこうなるわけですから。



28飯塚のみならず、



27は存続でも、西牛隈行きは消えてしまったのです。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)筑豊