地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2020年02月23日

水谷踏切経由を惜しむ会

金武9497 原→「2天神」→藤崎
アイランド3644 藤崎→「22N運輸支局経由香椎浜車庫」→御幸公園前
アイランド1294 香椎浜車庫→「1千早駅前」→千早駅前
 ~水谷~香椎参道~
土井9868 御幸町→「28B土井団地」→土井団地
土井9868 土井団地→「28B大濠公園」→八田踏切
土井5972 八田踏切→「77大濠公園」→箱崎駅西口
 ~九大前~昼食~九大北門
アイランド3132 九大北門→「21天神」→天神四丁目
 ~天神福ビル前~天神コア前~天神大和証券前~
柏原4926 天神福ビル前→「56柏原営業所」→九電体育館
 解散
壱岐9840 南薬院→「214野方」→原
 家族資さん
  
タグ :西鉄バス


Posted by ちょんびん at 23:58Comments(0)行程表

2020年02月23日

宮の浦


米水津の湾の南端、鎮守の神様。


昨日掲載の色利でバスを見送ったあと、追いかけて転回姿。



余韻なく走り去るバス。


米水津の中心部へ戻り、そこから佐伯へと峠を越えます。



車があれば、バスはあまりいらないもの、時としては厄介者でさえ。



宮の浦。



廃止前、最後の時刻表。



多くの人が座ったであろうベンチ。



どこにでも消防団はあります。



終点風景は、まだたくさんの人の暮らしの気配が。



でも、



バス路線はなくなっちゃうのが現実なのです。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大分バス