地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2020年06月05日

平野


きのうの横手が宮園より手前、きょうの平野が宮園の先。



失礼な区分です。



店舗跡前。



国道445号線なので、そのまま北上すると砥用とかに着くはずですが、
道が狭そうなので走ったことは、、、ありますね。どこまで行ったかなあ。
途中で県道にそれて、岩奥のほうに行ったかと思います。

五家荘のあたりも道がよくなりましたので、今はもう怒りを覚える区間もなくなりましたが、
国道445戦のイメージが、下手くそのくせに大きな車で来て立往生している年配者ばかりなので、
選んで走ろうと思わないのです。



上荒地まで3往復、どれが椎原診療所まで接続するのか全く説明のない時刻表。
書いてなくても誰も困らないところに行くバスに、いったい誰が乗るというのか。



そういえば昔は、スーパーマーケットでコメは売ってませんでしたねぇ。
米穀通帳って皆さんご存知ですか、ってなんでお前世代が知ってんだというやつです。



ここではおそらくタバコが売られていたわけで。



酒とタバコと米が売れる店が限定されていれば、それは既得権益として安定するのです。
良いか悪いかは好きに判断してください。



谷からの水。



川の向こうが宮園。



人吉へのバスを見送ります。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)産交バス