地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2020年06月06日

清水橋


左側に見えるガードレールを無視して、山頂からずっと斜面が続いているとすれば、
ここにどうやって道を設けろというのか、先人の意欲に敬意を表しつつ。



そんな旧道も新しいコンクリで閉ざされ、技術の力が山に大きな穴を穿ちました。



旧道が清水橋で、こちらが第二清水橋。



こちらが昔の橋で、椎原診療所へのバスは右岸(川の流れに向かって)を走っていたため、
この橋は渡っていません。



久連子への分岐が、もともとの清水橋の用途です。



五家荘。



広くなったバス通り。



バスは新道を選択。旧道を通ったとて途中に人家があるわけでもないので。



そして橋から遠く離れたところにバス停清水橋。



最末期は上荒地止めがなくなり、3往復とも椎原診療所へ行っていました。



このバス停を使う人は、久連子から歩くのですかね。尊敬します。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)産交バス