地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2020年06月13日

山口


山口。昨日掲載の中村といい、変哲のない地名です。
五木村自体が、土地表記を甲乙丙丁に拠っていますので、あまり拘りがないのかも。



折り返しの往復時刻間隔が短くなるのは、終点が近い証左となります。
バスマニアの撮影にとってはライフハックのような気もしますが、
それ以外には誰も必要としない知識でありましょう。



高齢者に注意、スピード落とせ、児童はもうおらんのですかね。
子どもの飛び出しには注意するまでもないのか。



河原に畑、貨幣経済と流通に頼らない生き方は有事に強そうだという称賛を見かけますが、
その前に自給自足は毎日が有事だと感じる生活力のない当方です。
人の役に立った分の賃金を得ているつもりでも、今の環境は実力ではなく、あくまで環境の運しだい。



拡張できた部分と、そのままの部分が混在する道は、



なるべく狭い箇所でバスを待たねばなりません。



斜面から川までの、



距離の近いところで。持って帰りたい、でも決して持ち帰れない大きさの岩。



バスが来るのを耳を澄まして待ちます。
テレビの音もエンジン音も何もない中、潺が周辺全てを支配します。
シャッターを押す瞬間は呼吸も止めて、ヨレないようにブレないように、
そんだけ頑張ってもこの程度ですけどね。



乗らないマニアはただの邪魔。
なので「これだけ金銭的にも貢献してるもんね」と自分自身の心に免罪符となるくらいには、
貸切でも乗合でもいいので課金せねばなりません。口では大坂の城も建つ。



  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)産交バス