地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2020年06月19日

和白駅


何があたりまえで、何があたりまえでないのか、という定義の話です。
今でも香椎線に行けばこの車両が走っているような気がします。
普段の生活ではまったく触れないからです。



そういう場所では、これは常に非日常であって、訪問するたびに珍しい存在になります。
ですから消えることが惜しむ対象にはなりません。
このキハも、新しいでんちゃも、どちらにせよたまにお目にかかるものなのです。



そういう存在と、節目で出会えるかどうかは運しだい。
あとは自分の運を磨くために、できることはあるのかどうか。
まずは心残りをひとつずつ無くしてゆくことからだそうです、運の向上には。



電気が点いたりつかなかったり。



バスの廃止撮影ついでに訪れて、消えてゆく車両を見て、さらには友人にも出会う。
この日は佳き日でございました。




  
タグ :和白駅


Posted by ちょんびん at 08:46Comments(0)