地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2020年07月04日

大浦天主堂下


長崎バス 大浦天主堂下。



石橋のひとつ手前、単線になった先、という認識で把握している福岡県民。



5番といえば石橋ゆき、なのに写真は蛍茶屋。



大浦天主堂下。



単線ですが、降り口と運賃箱など運用の都合から、ホームは両方にあります。



交差点も大浦天主堂下。いまは電停だけ大浦天主堂になってます。
弁天橋よりは分かりよいですが、記号にするか歴史を残すか、判断は都度変わりますね。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス