地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2020年07月11日

柄柄(がらがら)


大野竹田バス、柄柄(がらがら)



旧緒方町の市民病院と竹田の往復。
米山廃止を記録するために訪問した2019年9月は1往復でしたが、
廃止分の乗番が振替されたのか、2020年7月現在では2往復あります。



周辺に見込み客は見当たらず。



道路線形改善の後でしょうが、大分向けに大きな路側があり、



看板。ガラガラバス停はあまり縁起はよくなさそう。



間戸谷稲荷への側道、そしてバス停の位置確認写真。
路線が消えてしまったあとに、どこにバス停が立っていたかすら忘れてしまう当方は、
まずどんな繁忙路線であっても、バス停風景を記録することを意識しています。



だからといって自販機は必要ですか。
撮影から文章書き、そして掲載まで時間が経つので、その瞬間の想いはだいたい消えています。
でもそんな中から、写真によって保管される記憶が、最後の上澄みなのだと信じたいです。
記憶の捏造でもいいので、思い込むことは大事です。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大分バス