地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2020年08月13日

オートポリス


幕に特に意味はありませんが、どれで走るかは大事です。



スピードの出そうな車。



そういう意味では、これもスピードの出そうな車ではあります。



待機。



一足先に観客席へ移動してスタンバイ。



いよいよですよー。



出発。あとは実況もなしで。











































楽しいっすよ。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)日田バス

2020年08月12日

E高の旅


西鉄久留米に、日田バスの高速車がやってきました。



本日はこれにお世話になります。E型高速、略してE高。



西鉄バスと堀川バスと並び。



まずは高速のサービスエリアでトラックと。



たくさんに。



歩道からの撮影なので、撮れる角度の変化にも限界がありますね。


  
タグ :日田バス


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)日田バス

2020年08月11日

大宝自動車本社車庫


最後は車庫に。



大宝観光の貸切バス。



いちにちお世話になったボンネットバスと並んで。



とはいうものの、ここで入庫されてしまうと帰れないので、久留米駅までまだ走りますが

お疲れさまでした。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)その他

2020年08月10日

大宝自動車八女


八女市の中心部を、



走り抜けます。



古い街並みとよく似合って、



もともとのバス通りでなくても、数十年前の雰囲気を醸します。



道の駅へ



旅の終わりが近くなりました。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)その他

2020年08月09日

大宝自動車三川黒木駅


三川バス停の風景。

堀川バスの三川の風景。
https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e1995843.html



黒木の鳥居。



ボンネットバスに乗りたい方は、大宝自動車、大宝観光バスへ。



途中に広告タイムを挟んでみました。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)その他

2020年08月08日

大宝自動車ほたるの館前


運転席。



機器類。



バックモニターもあります。



今の車はコンピュータ制御の部分が多くて、無駄に複雑なんすよね。



橋を渡る。



土日祝も、夕方横山に登っていった便で、戻って来られるようになっています。堀川バス。



ほたるの館前。



橋を渡るの正面から。



川沿い。



逆回りの交差点。



神社の横を。



曲がる手前。



リベット萌え



大量に生産できないものの方が、手をかけられているのは当たり前といえば当たり前。
その分、何か思いがこもっているようにも感じます。



バスオフに参加させていただいてます。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)堀川バスその他

2020年08月07日

大宝自動車朧大橋


谷を渡る橋の下で。



撮影。



上に。



下横山小学校。



集うマニア。



走るバス。



向こう側と数往復。



大事にされていることが伝わる美しさ。



集うマニア(笑)。

朧大橋。、久留米への直通道路ができれば、確かに上陽からは便利になります。
どのくらいの需要があるのか、ではなく、どのくらいの需要を生むのか、で考えると、
やってみないと分からない点はあると思うので、現時点で当方はけっこう同情的です。

無駄な公共工事の象徴みたいにみなされてますけどね、何をもって無駄とするかという話ですよ。



こうやって撮影できるのも、



橋あればこそ。というのは牽強付会が過ぎますか。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)その他