地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2020年09月06日

砂津の夜


ゆのくに号で大分新川から到着。



小倉5982。



反対側に路面電車復刻のラッピング。



門司方面、30分に1本とそこそこ。



霧丘とか大谷池とか。



砂津。



砂津本陣。



連節バス2台時代。



郊外へ向けて出発していくバス。



どんたく号が来ました。



高速路線の路線図。



天神ゆきがまだ1本残っていますが、天神に着いてから当方の家までのバスはありません。



なくなる前のループバスバス停。



チャチャタウン小倉。



おとな100円、1時間に2本。



存在感のあるサイズではありましたが。



時刻表の記録。



続き。



さっきの38-2はレアだったと気付きます。



平日朝だけの南朽網急行とか、



戸畑の特快とか、



弥生ヶ丘営業所ゆきの短絡とか、路線図見ても把握するのに時間かかります。



こちらは分かりやすい、西小倉駅に入るもの。



最終の天神ゆき、見送ります。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)北九州