地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2020年09月16日

福山広島徳山


総社から乗ったのは神辺止めの列車だったのですが、神辺駅でノスタルジーに浸って、
次に来た井原鉄道の車両で福山へ。



この色が懐かしくなる日は来るのでしょうか。



駅前ですでに暮れていますが、まだ因島にゆけたり、天満屋が反射していた李。



府中ゆきも電光になっていたり中バスの塗装が新しかったり11番だったり、
違和感というよりはもう当方の知っている中国バスの府中ゆきとは別物なんです。



ひと晩福山で過ごして、西へ向かいますが、市から尾道とかいろいろと考えつつも、
長らくローズライナーにも乗ってないよなと。



そして広島のバスセンターが広くて博多と違って羨ましいななんて感じつつ、



福岡ゆきで直行するのはつまらないとして、昨日高松経由から福山に来ているのに、
また四国に渡るのは冒険が過ぎるだろなどとひとりごつ時間を過ごして、



次に来たやつに乗ればいいか、というくらいの適当さです。



徳山にゆきましょう。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)その他