地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2021年02月03日

南関ターミナル2019


初めての撮影から10年あまり、何度撮ってもよいのです。



大津や菊池からの国鉄バスの名残。



江田方面などは、元の出発は北側。



時刻表。



今は上町だけ。



路線がなくなったわけでなく、運用が変わりました。



商工案内図。国鉄バス切符売場にそそられますね。



そして、熊本方面。



でも直通はなくなったんすよ。



消された文字。



南関ターミナル。



交通センターまで直通だった最末期。



あと玉名と山鹿。



ほんのちょっとだけ、京13がA6-1として走りました。



路線図。



全て迎町側から回ります。



玉名駅ゆき。



青空。



購買。



こちら側に走るものは、南関もしくは上町止めと分かるので、単純化はよいのかも。



バスがだんだん小さくなってゆきます、縮むわけではないのですが。



A6-1南関の記録、と書いておけばいざという時に検索できるでしょう。
撮ったことすら憶えてはいませんでしたけどね。



バスのいない景色。



あ、またいた南関上町ゆきA6-1



夜中は進入してもよいらしいです。



ベンチ。



走行風景。



長いこと滞在してますね、とひとごと。



繁華街。



前後扉ぱんざい。



上町の車庫へ移動。



善哉。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)産交バス