地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2021年02月14日

芦辺港イオン前元ダイエー


目の前にバス来たら、泣くね。

とは書くものの、ふだんが怠惰に生きている分、ちょっと有事に臨したときのほうが、
だいたい役に立ちます当方。テンションが一般的な正常値になるんだと思います。

ツマはまったく逆で、常に最高のパフォーマンスを出すべく張りつめている代わり、
許容量を超えたタイミングで全く役に立ちません。良し悪しです。



対向車を先にやり過ごして、



海際に芦辺のバス停。
芦辺というとダイエー側を思い浮かべるのが当方ですが、あちらは対岸。



そして対岸へ移動。



港のバス停を往復してきて、



おどります、じゃなくて戻ります。



ポプラ前。



ではなくダイエー前でも港前でなくイオン前。



一般的な循環は印通寺を通らんのです。



ポプラとうめしま。



イオンはちょっと奥。



芦辺港。



バス停は簡素。



壱岐交通ロゴなし。



まあ基本的には変わりませんね隣ですから。



ヴィーナスが出て行ったので、見送ります。さっきのバスが接続してたのかも。



広いロータリーです。



  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)壱岐交通