地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2021年09月26日

椎原診療所2018


ここにバス停ができたときの驚きと喜び。



椎原診療所。



産交バス。



旧泉村(現在は八代市)の域内ですが、バスは人吉から来ていました。



道路的には、岩奥から県道をひたすら走ると五家荘のはずなのですが、
地図で見るだけでも走りたくない道です。



3往復。バスの折り返し時間が15分ほどだったので、
診療所のちょっと先には五家荘郵便局とか集落もあったのですけど、
終点付近以外まったく散策しておりません。坂道はしんどいというのもw



ポンチョがここまで来てましたよ、と将来誰かしたり顔で語ってください。
当方はそう長生きしそうにないので、地獄から悔しがるのが関の山です。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)産交バス