地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2021年09月30日

城の浦


走潟経由の地味な独自区間。
二丁から川沿いに走る平木橋際あたりが注目される経路でしたが、
宇土から国町への幹線が西の新道を経由する中、この系統だけが線路沿いの道を通っていて、



そこにひとつだけ存在したバス停が、



城の浦。



なので時刻表の本数はこういうことに。



宇土駅にも徒歩圏内といえる場所ですので、バスの本数が少ないのは偶然の巡り合わせ。



あまり注目されているふうでもなく、



あたりは住宅地。



釣具店。後ろに新幹線も走ります。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)産交バス