地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2021年09月24日

新北(75廃止)


直方と赤間を結んでいた75番の、主要途中バス停新北。



ちょうど真ん中か、ちょっと直方よりくらいですかね、印象としては。



平日も日祝日も変わらない10往復を一気に廃止する改正。



赤間ゆき。



見送り。交差点から向かって左、南側そう遠くないところに八尋駅がありました。



赤間方面。



イメージ通り。



10本。



一文字バス停を記録したくて、すっかり暮れてから「島」。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)筑豊

2021年09月23日

下ノ湯


昨日の上の湯に引き続き隣の下の湯。かつては新山も上の湯だった形跡があるのですが、
都心路線に目を向けていなかった当方、まったく記憶に残っておりません。
でもこの下の湯の交差点を曲がった記憶はあります。漫然とバスに乗っておりますな。



ノはカタカナです。



新山に行って、数分で折り返してくる時刻表。

付近はニュータウンと称する住宅団地もできていますが、
バスはその流れに乗れなかったということで。

  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)島鉄バス

2021年09月23日

行縢登山口


木漏れ日。



森の中。



行縢山登山口、宮崎交通。



朝夕4本。



そういえば木板ではありませんね。

延岡からの枝線たくさんありますが、なぜかたびたび来ています。
そして毎回終点まで乗って、途中の狭いところまったく撮っていないという残念ぶり。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)宮崎交通

2021年09月22日

新山(上ノ湯)


温泉があります。



バス停がありますが、その先に進んでよいのか不安になる道幅です。



島鉄バス、新山、今月末で廃止になる終点です。



新山温泉上の湯。隣のバス停は下の湯なので、そういう対になっているのでしょう。



温泉宿です。



バス来ます。さすがにここはリエッセが限界でしょう、と思ってましたが、中型も来るらしいです。



こんな幅なのに。



別の日も同じ場所から。



そのまま後退して構内での折り返しです。さすがに先に進むのは無理なようです。



煙突がよいと思います個人的には。



そして街へ戻ります。
日祝日は昼の1往復だけなので、ここを軸にして行程を組まねばなりません。
そういえば時刻表撮ってませんね。

  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)島鉄バス

2021年09月22日

9/25(土)バス路線探検家の会中止

https://nishitetsu.yoka-yoka.jp/e2132959.html
勝手ながら、今週末の会合は中止します。
最大の理由は、各地の廃止記録の手が回ってないからです。

もともと緊急事態宣言発令中でもありますし、
クラスターを起こす危険を冒さない意味では、
むしろ賢明なのかもしれない、と思っていただけると幸いです。ただの言い訳です。
  


Posted by ちょんびん at 16:16Comments(0)

2021年09月22日

阿川駅


バスを降りるとすぐ観光列車がやってきましたが、たぶん偶然ではなく接続ですね。



〇〇のはなし
萩と長門と下関の頭文字を取ってはなし?



2両編成なのですが、



グラデーションがあり3色塗分け。



撮影を邪魔する対向列車、というほどの情熱が当方にありません。



阿川駅。



乗ってきたバス待機。



駅と外の曖昧な境界。



長い待機がありますね、朝は1時間近く。



バス停も目立たず。



私だけを乗せてきたバスが、



こんなにたくさん人がいるにもかかわらず、



私だけを乗せてまた走り出します。贅沢のような寂寞のような。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)サンデン交通ブルーライン交通

2021年09月21日

湯川内


有家駅跡始発の湯川内ゆき、平野を経由して有家の中心部まで遠回りしますが、
それでも終点まで14分という短い路線です。



後ろに談合島とか熊本県を眺めつつ坂を登って、



終点に右折。



後退してバス停に停止し、折り返しを待ちます。
かつては雲仙からの下り便がありましたので、ここから先もバス通りでした。
通学需要ですかね、街に近い区間だけが残って枝線になった形です。



島鉄さんはダイヤと所定車両の結びつきがとても安定している印象ながら、
今年4回ここ湯川内にきて、なぜか3種の違う車両と出会っています。



正面から。



バスの出発を見送って



曜日関係なく、湯川内から有家に夕方1本17:06
朝は平日だけ、藤原方面から須川港ゆきが複乗してきます。



海が、そして熊本が近いんですよ、島原半島。



まいにち畑作に励みながら、海の向こうの土地を夢見そうな距離。
とはいて当方毎日福岡市で眺めている油山に登ってみたくはならないので、
日常を生きている場所では浪漫というものなかなか生じないのかもしれません。
あくまでよそ者の感傷傾向でしかなく。

  


Posted by ちょんびん at 17:17Comments(0)島鉄バス