地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2021年10月15日

走潟農協前四丁平木


走潟経由が廃止になるので、代表地名である走潟を冠する農協前。



地域を代表する企業の経営者が、実践空手の指導者もやってる感じでしょうか、会社と道場。



カラテ募集。



そして道場生なのかな、全少に出てますね。
学年ごと県ごとに形と組手ふたりずつしか出られない狭き門です。



お隣は四丁。



この写真を撮っていたら、右の家の方から「今月でなくなるんですよ」と教えていただきました。
ええすみません、だからここにいます。本当は廃止直前じゃないときに来たいと常に想ってはいます。



過去の時刻表の名残はあれど、現時点での時刻表が存在していない時点でいろいろと察するものが。



廃止のお知らせもこんなんですし。



平木橋を渡り、金峰山を背に、平木バス停とともに。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)産交バス