地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2021年10月24日

神の島三丁目


何であっても、端っこは尊いのです。神の島方面の殆どが教会下までしか行かない中、
ここまで来てくれるバスはみな私にとっては英雄のようなもの。



田上まで。



大浦天主堂から派手に坂を登る「60」番。



バスがいなくなると、急に周囲が寂しくなります。



神の島三丁目。



神の島営業所付近の賑わいが嘘のような、2時間に1本の時刻表。



転回場は立派なものがあります。



むしろ都心部より平坦で、車を所有するのにいい環境なのかもしれません。
それでバスの利用が少なくなるのだとすると皮肉ですのう。
でも長崎バスの最近の苦境には「市内中心部に車を停められる繁華街ができた」
というのが大きく関わっていると思うんですよわたし。

若葉のダイレックスとか大波止のゆめタウンとか茂里町とか。
車で都心部に行っても駐車できないのであれば、出発地からバスを選ぶしかないわけで、
だからココウォークは両刃の剣なんですよね、自社で作らなくても利用者は自家用車に逃げる、
でも自社で開発したバスターミナル併設施設には、
車での来訪を想定した駐車場を備えておかないといけないっての。



てな話は別の記事でも似たようなことを書いた気がしますが、
書いてる本人が忘れているので勘弁してください。
厳密に「ここに書いてあることと重複している」「以前の意見と矛盾している」
と指摘したいタイプの方は、このブログの読者として適性に欠けています。
さらに恥の上塗りで自身を繕うとすれは、「大事なのは今」なのです。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)長崎バス

2021年10月23日

津田第一津田第二


津田第一。



「38-1」砂津ゆきが、



殆ど下曽根止めに。砂津へ行くのは、朝の1本だけ。
それでもこれは、「系統の新設/運行回数・時刻の変更」なのです、ものは言いよう。







交差点を左に折れて、津田第一の小倉方向。



こちらもそれなりの減便。



郊外方向。



弥生が丘営業所までのこの本数が、



下曽根でおしまい。



弥生が丘近辺から都心は、みんな138を使ってしまうわけですかね。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)北九州

2021年10月22日

垂水中央病院


九州最南端のホテル佐多岬から131分を要して、路線終点の病院前に到着。



外之浦幕は回送への幕回し途中でのサービスカット。



街のはずれに大規模病院の終点があると、そこに通院する人は非常に便利ですが、
ただ路線をさいごまで確認したい者としては、放り出されてただ呆然とするだけ。



バス停を見て、



鹿児島交通、垂水中央病院。



時刻表。これがまた純粋な末端の終起点でもなく、
南の根占や鹿屋から来たものは垂水港から中央病院に来るのに垂水を経由しますが、
北の桜島や国分からの便は垂水に寄らず中央病院は経由して垂水港が終点です。
市内区間をかならず経由するための運用は国東などにもみられる設定で便利なのですが、
初見だと意外なところに非経由のバス停があって注意が必要です。
垂水(車庫のあるとこ)→桜島港を検索すると、そんなバス路線は存在せんわと切り捨てられます。



利用者の少ないところはタクシーを呼んでください。



いちど垂水を撮影に行ったのち、ここまで戻って国分駅に向かいます。
写真でお分かりいただけると思いますが、佐多岬から乗ってきたのと同じバスです。
さらに70分同じ運転士さんにお世話になります。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)鹿児島交通

2021年10月21日

根占港


だいたい50分で根占と山川の間を結んでおりますので、乗降に費やす時間は10分です。



待合所と窓口。



すべてを陸地で回ると考えたら、夢のような短絡です。
これで根占と山川がそれぞれ大都会であったら、それはもう翔んでイスタンブール。



一切使えません、という潔い知らせ。



朝いちのバスは船にもちゃんと接続しており、
この日もホテル佐多岬から乗った宿泊客がここで船に乗り換えていました、ひとりですけど。



運転士さんトイレ休憩の間に、お許しをいただいてバス停を撮影。



鹿児島交通、根占港。



船にどのくらい接続しているのかは、興味のある方がご確認ください。



山川・根占フェリーです。



休憩を終えて、バスは垂水に向かいます。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)鹿児島交通

2021年10月20日

川口農協前二丁


荒尾から見る雲仙、土曜日の仕事を半日で切り上げて南下するのに、
途中でふと我に返ることがありまして、そういうときは感情に任せてだらだらします。



でもやっぱりやる気が出たので川口農協前。路線廃止のお知らせを添えて。



こんな本数のあるバス停が!というわけでもなく、宇土までの直通が消えました。



お間違いのないように。むしろ乗ってる人が間違いなような本数でしたけど。



路線図としては川口二丁の右下黄色線が全部消えますので、大規模な廃止です。



そんな中でも工事は淡々と行われ、バス停が移設されたまま戻ることはありませんでした。



川口二丁では車両を撮りたくなります。



暑い夏の日の空気感を。



キュービック。



4枚折戸の大型車、ってのがもう都心の限られた場所にしかいない気がします。



その脇を通り抜けて、川口二丁より南に行くバスが廃止となりました。
姿を見に行く機会がないだけで、行けばまだ毎日走ってるような気もします。
いくら惜しんだところで、殆どのバスは当方の生活と関係のないところに存在しているのです。
こういうのを無力感といいまして、あまり真剣に突き詰めると心を病むので流します。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)産交バス

2021年10月19日

おこんご


降車客。



おこんご、名称は印象的なのですが、それ以上に話をふくらませる才能がなくて申し訳ない限り。
苧扱川、なのだそうです、ネット上の情報の受け売りでは。



2往復とか3往復とか。口之津を起点とする循環なので、平日は6便あると考えることもできます。



てなことを憶測で語ると、循環線なので折り返しの必要がなく、
往きと帰りで便数が違ったりするのです。
いや折り返しがなくても、片道回送で送り込んで便数が違うのは日常的ですわ。

  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)島鉄バス

2021年10月18日

豊洋中学校前


造船と海岸。



接近。



砂浜、佐賀関からの折り返し。



浜木綿。



学校。



バス停。



臼津交通、豊洋中学校前、すでに閉校していますが、
そこに存在した証をバス停の名称が伝え続けるのだとしたら、継続もまた価値。
これが同じ名前で別の場所で存続していたりすると、大きく事情が変わりますけどね。



西祝日休みの2往復が、臼杵駅と佐賀関の往復。あと臼杵市内のコミュニティバスも。
佐賀関から下浦(一尺屋)までの頻発区間も臼津交通なので、
送り込みに現地出退勤があるのか回送があるのか。



山側に国道217号線はトンネルを貫いているので、ここを通過するには酔狂が必要です。



造船拡大。



きょうもバスは海辺を走ります。


  


Posted by ちょんびん at 07:07Comments(0)大分バス臼津交通