地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2013年10月05日

さんぱーる

さんぱーる
上天草大矢野エリアのバス拠点、「さんぱーる」。
物産販売の内容としては、後から訪問したあまくさ村の方が賑わっているように感じました。


さんぱーるさんぱーる
決して正しい使い方ではありませんが、ここに車を置いて、バスに乗り換えます。
でも熊本市内までアクセスしようと思う場合、
ここであまくさ号に乗り換えるパーク&ライドはアリなんじゃないでしょうか。


さんぱーるさんぱーる
ということでバス停に行って、


さんぱーるさんぱーる
時刻表なんかチェックしつつ、


さんぱーるさんぱーる
朝イチの野釜循環なんてのも魅力的なわけですが、
本来の目的を見失わないように、これはスルー。

さんぱーる
ただし、今回は3人で連れだって訪問していますので、
とりあえず運転士さんから一日乗車券だけ購入します。
聞くところによると、1台につき2枚しか常備されていないようなので、
蔵々行きが来る前に事前入手したのは、ファインプレイでした(笑)。


さんぱーるさんぱーる
小さなバスが来ると萎える私ですが、
逆にここまで徹底して合理化されたバスならば、そそられるかもしれません。
つまりは、どっちにしろ、突き抜けろ、ってことでしょうか。


同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
松橋産交2018
三角産交2018
宇土駅前
荒尾バスセンター
人吉IC乗降口2018
上田代(相良)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 松橋産交2018 (2019-10-10 07:07)
 三角産交2018 (2019-10-09 07:07)
 宇土駅前 (2019-10-07 07:07)
 荒尾バスセンター (2019-10-06 07:07)
 人吉IC乗降口2018 (2019-09-29 07:07)
 上田代(相良) (2019-09-26 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。