地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2013年11月18日

古木立石原

古木立石原
槍巻から世知原温泉の途中、「古木」。難読です。

音便化したり→上津荒木
職制名称(古音?)に依っていたり→目尾
その組み合わせだったり→上八
最初から和語なのかどうかも謎だったり→招川内

難読バス停にもいろいろあるわけですが、
当然こう読むもの、と思わせる解答例があって、
実はそう読まない、という点では、元末に近いものがあります。

でも末を、うら、と読まなければならない元末と違って、
ここは使われている漢字も、その読み方も単純なのに、
その組み合わせが一般的でない、という秀逸なものです。

ただそういう、一般的、という価値基準は、
あくまで個人的な知識の範囲による線引きから来るのであって、
九州の各地で、原を「はる」と読むように、
このへんの地域では、この読み方が普通なのかもしれません。

でも佐世保市内に潜木、赤木、柚木、堺木、桜木等々たくさんの木がありますが、
みな「き」「ぎ」と読みますよね。


古木立石原古木立石原
古木の隣バス停「立石原」も、当然「たていしばる」と読みます。


同じカテゴリー(西肥バス)の記事画像
鯛の浦
岩瀬浜
奈良尾保育所下
桐
桐中央
中ノ浦入口
同じカテゴリー(西肥バス)の記事
 鯛の浦 (2020-02-05 07:07)
 岩瀬浜 (2020-02-04 07:07)
 奈良尾保育所下 (2020-02-03 07:07)
  (2020-02-02 07:07)
 桐中央 (2020-02-01 07:07)
 中ノ浦入口 (2020-01-31 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)西肥バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。