地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2013年11月25日

江迎

江迎江迎江迎
「江迎」のバスターミナル。
地元の高校生が定期的に清掃を行っているという新聞記事を最近読みましたので、
存続に関してはまだ心配なさそうなのですが、
伊万里や松浦や平戸の処遇を見ると、安心はできずにいます。


江迎江迎江迎江迎
全ての乗り場が、ひとつ場所に集約。


江迎
ここが停車位置。


江迎
佐世保方からも、一度構内に入って、


江迎
半急が、


江迎
平戸方面へ。


江迎
てなこと考えながら写真を撮っていたら、
自販機でジュースが当たりました。無欲の勝利。


江迎
鹿町方面。
北松循環、という系統名は生きていますが、
佐世保から佐々大加勢経由で江迎、吉井方面へというような循環路線は、
すっかり本数が減ってしまいました。


江迎
それでもまだ。大加勢方面へこれだけの本数があるということで、
よしとせねばならないのでしょう。松浦方面は廃止されて久しいです。
大加勢活きが橋の元経由を名乗っているのは、
口ノ里でしたか、沿岸経由の系統があった頃の名残だと思いますが、
いまは佐々まで行くものも全て、橋の元経由です。


江迎江迎
平戸と佐世保の路線も、日中は半急が毎時1本程度。


江迎
路線図


江迎
運賃表。


江迎
滞在中に、佐世保、平戸、大加勢へと3系統のバスが発車していきましたが、
いちばん乗客が多かったのは大加勢方面。10数人いました。
人がいる時は撮りづらいので、
待合室関連の写真は実情以上に閑散とした風景になります。


同じカテゴリー(西肥バス)の記事画像
鯛の浦
岩瀬浜
奈良尾保育所下
桐
桐中央
中ノ浦入口
同じカテゴリー(西肥バス)の記事
 鯛の浦 (2020-02-05 07:07)
 岩瀬浜 (2020-02-04 07:07)
 奈良尾保育所下 (2020-02-03 07:07)
  (2020-02-02 07:07)
 桐中央 (2020-02-01 07:07)
 中ノ浦入口 (2020-01-31 17:17)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)西肥バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。