地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2014年01月21日

太田~内浦

太田~内浦
もともと炭坑で栄えた松島。


太田~内浦太田~内浦
太田のバス停から下ったところの遺構。


太田~内浦
島の西側道路、バスの回送路にもなっている通りを、歩いて北上。


太田~内浦
日本一小さな公園、だそうです。
カップルで夕陽を眺めよ、ということかと。


太田~内浦
海は美しいです。


太田~内浦
背後の電線は無粋ですが。


太田~内浦
そういいつつこのブログも、
どこかで発電された電気によって、
みなさんに見ていただくことができるわけです。


太田~内浦
設備そのものの規模もさることながら、


太田~内浦
火力発電所は、燃料となる石炭の量に圧倒されます。
苓北とか松浦とか、けっこうバスに乗ってて見られるところにあります。


太田~内浦
と、思索に耽りながら無為に歩を進めると、


太田~内浦太田~内浦
けっこうあっさりと、内浦に到着するのでした。
確かに、車通りの多いところを走ることを考えれば、
こっちを回送したほうが効率的かも、と思えました。




同じカテゴリー(さいかい交通)の記事画像
さいかい交通2020年(令和2年)時刻表
樫の浦
岩倉神社前
柳
紫雲山登り口
太田和港
同じカテゴリー(さいかい交通)の記事
 さいかい交通2020年(令和2年)時刻表 (2020-04-06 00:02)
 樫の浦 (2020-04-02 07:07)
 岩倉神社前 (2020-04-01 07:07)
  (2020-03-31 07:07)
 紫雲山登り口 (2020-03-30 07:07)
 太田和港 (2020-03-29 07:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。