地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年02月09日

柿迫

柿迫
高森町民バス、草部南部線のハイライト、「柿迫」。
この写真の先の道は、畦道と呼ぶにふさわしい規格で、
どこまで悪路をはしってくれるんだ!と期待させてくれます。

実際は、写真のバスが後退ランプを点けていることからもわかるように、
バス停のところで、方向転換をして、もと来た道を戻っていきます。


柿迫
交差点からすこし奥まったところにバス停があるのも、ポイントのひとつ。


柿迫
ただ残念なことに(笑)、付近は道路整備が行われていまして、
現状すでに、この頭上の用水溝も、撤去されているかもしれません。
わずかな期待を抱いてはいますが、たぶん遺してはくれないと思います。

前回訪問の分も併せてご参照いただけると幸いです。



同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
松橋産交2018
三角産交2018
宇土駅前
荒尾バスセンター
人吉IC乗降口2018
上田代(相良)
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 松橋産交2018 (2019-10-10 07:07)
 三角産交2018 (2019-10-09 07:07)
 宇土駅前 (2019-10-07 07:07)
 荒尾バスセンター (2019-10-06 07:07)
 人吉IC乗降口2018 (2019-09-29 07:07)
 上田代(相良) (2019-09-26 07:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。