地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2014年03月12日

本町(郷ノ浦)

本町(郷ノ浦)
郷ノ浦の中心部に着いて、まずは旧そうなバスに遭遇。
もうこれで、壱岐に来た費用に対する満足は、ほぼ達成(笑)。


本町(郷ノ浦)
とりあえずノープランながら、自分の嗜好からして、
枝線を優先的に乗るほうが充足度は高そうだと推測して、
1本目の芦辺行きは見送りました。


本町(郷ノ浦)本町(郷ノ浦)
「本町」。


本町(郷ノ浦)本町(郷ノ浦)本町(郷ノ浦)本町(郷ノ浦)
時刻表で路線の全容は把握できるので、本日の予定概略を構築。
本数の少ないところから、ということで若松行きを決定。


本町(郷ノ浦)
待合所が移転しているというお知らせがあるので、


本町(郷ノ浦)
導かれる通りに、


本町(郷ノ浦)本町(郷ノ浦)本町(郷ノ浦)
商店街の中へ。


本町(郷ノ浦)本町(郷ノ浦)本町(郷ノ浦)
内部。


本町(郷ノ浦)
勝本経由の瀬戸行き。


本町(郷ノ浦)
そうか、壱岐はウニが特産なのか、とその程度の認識で来ています。




同じカテゴリー(壱岐交通)の記事画像
勝本
儀兵地(ぎへいち)
団地入口
印通寺港(いんどうじこう)
双六(すごろく)
御神名・鬼川(石田スクール)
同じカテゴリー(壱岐交通)の記事
 勝本 (2021-04-03 07:07)
 儀兵地(ぎへいち) (2021-04-02 07:07)
 団地入口 (2021-03-23 07:07)
 印通寺港(いんどうじこう) (2021-03-14 07:07)
 双六(すごろく) (2021-03-12 07:07)
 御神名・鬼川(石田スクール) (2021-02-15 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)壱岐交通
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。