地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2014年04月15日

大浦入口

大浦入口
生憎の霧雨の中でしたが、「大浦入口」から眺めた中浦方面。
杉野浦方面から走ってくるバスが、かなり遠いところまで見通せます。


大浦入口大浦入口大浦入口
浦へ下りる道の分岐点に


大浦入口大浦入口
「大浦入口」のバス停。
満越までの路線を乗車するにあたって、予算節約のため、
近くに車を停めて、ここから満越まで乗車、
帰りの便はないので、坂道を登って戻ってきました。

私は現状、朝の早い仕事ですので、夕方便を狙いましたが、
片道歩くことを思えば、朝いちに満越を発車する便に乗って、
ここから下り坂を戻った方がずっと楽なのは言うまでもありません(笑)。

満越線は、通学の中高生が10人以上乗っていて、嬉しくなりました。
私が乗ろうとすると、目の前でトップドアは閉められてしまい、
「子のお迎えの父親かと思った」と運転士さんに言われました。
中高生の父親でもおかしくない年齢になって、
まだバス乗りなど何をやってるんだか、という天からの声と思い、自戒しておきます(笑)。




同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 昭和バスが消える前に (2020-03-26 23:58)
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(1)昭和バス
この記事へのコメント
人気商品を、実物写真
スタイルが多い、品質がよい
絶対に満足して頂ける品のみ皆様にお届け致します.
人気の売れ筋商品を多数取り揃えております。
全て激安特価でご提供。
広大な客を歓迎して買います!

お見逃しなく是非 WwW.jpgoods2014.comクリックしてください。
Posted by 南智子 at 2014年04月15日 10:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。