地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2014年05月08日

白木

白木
私が性格的に特異なのか、バス路線趣味を続けると当然なのか、
山中に突然現れる集落と出会うと、なぜそこに人が集ったのかを考えます。

ある2点間の移動需要が先にあって、その途中であるとか、
(典型的なのは、宿場町ってやつですね)
今は廃れてしまったけれども、昔は鉱山があったとか、
あくまで想像に過ぎませんが、そういう行為が楽しいです。


白木
「白木」。


白木
現況の交通状態では、どこかに行く途中で偶然通りかかることは、
非常に稀なのではないか、と思わせる位置にあります。
けれども山に囲まれた耕地は、意外なほど広い平坦地に恵まれていて、


白木
立派な家が建っていることも、なるほどなぁ、と感じます。


白木
2月の訪問時は、道端に多少の雪がありました。
稲穂が実っているときに訪問すると、また印象が変わると思います。





同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 昭和バスが消える前に (2020-03-26 23:58)
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)昭和バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。