地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。

2014年05月12日

川上橋

川上橋
嘉瀬川を渡る昭和バス。


川上橋
事前撮影の時は、水面に橋が写っていたのに、引きの弱い私。


川上橋川上橋
川沿いを走るバス。


川上橋
正面から橋を渡るバスも狙ってみたい場所、


川上橋川上橋
「川上橋」。


川上橋
西岸から南側、


川上橋川上橋川上橋
今はバスが走らない方向に、美しい風景。


川上橋川上橋
バス停の設備は片側だけで、佐賀方面は反対側で待つよう、
指示の地図が添えられています。
その地図で気付いたのですが、この橋は川上橋ではありません(笑)。



同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)
 昭和バスの期間限定新設路線を少し (2018-07-07 23:58)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)昭和バス
この記事へのコメント
ご無沙汰しておりますf(^_^;
官人橋に行かれたんですね。確か川上橋は川上頭首工(とうしゅこう)という、ダムのところだったと思います。この川上頭首工では確か発電していたと思うのですが、夜は不気味な雰囲気でした。夏の夕涼みには最適かと(笑)
ところで官人橋は、明治時代には鉄道の終点でした。行く先は現在の佐賀駅の北側までです。昭和に入ってすぐに廃止になり、その後をバスが走っているのです。旧大和町から佐賀市に入ったあたりには、家を建てる時に基礎を作ろうと掘削したら、線路が出てきたという話がいくつもあったんですよ。
Posted by 暇工作 at 2014年05月12日 21:13
おひさしぶりです。

官人橋は、月に一度lくらいのペースで脇を通っているでしょうか。
あまり、渡る機会は多くないのですが。

そうですか、ここまで鉄道が来ていたのですね。
確かに、川沿いの平地が急に狭くなる場所で、
終着駅の位置として肯けます。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2014年05月14日 20:28
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。