地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2014年10月25日

桑の浦

桑の浦
楠甫から乗ったバスを、衝動的に降ります。
このあとは松島に向かう予定で、一日乗車券を持っている都合上、
快速ではなく各停便を待つつもりですから、同じ経路を通るのですが、


桑の浦
いま降りた本渡行き最終が、18時15分。
待つ松島行きが、19時19分。
ここで1時間ぼーっとできるほど人間ができているわけでもなく。


桑の浦
それなら反対方向のバスが接近するとこまで、バスに乗り続ければよさそうなものですが、
本渡から楠甫まで乗った経路を、折り返して本渡方面まで行き、
また松島行きで同じところを通るのも、芸がないような気がして、


桑の浦
「桑の浦」で降りたのは、


桑の浦
楠甫への行きがけに通った際、脇の沼地の濁った緑が、なんとなく心に残っていたから。
ああ、なんとロマンに欠ける理由なのでしょう(笑)。


桑の浦
それも1枚の写真を撮ってしまえば終わり、
あとは地元の人が育てる農作物くらいしか目をひくものもなく、
バス通りの旧道を、ゆっくりと歩いてみます。

ただしこれは、仕方なく、という類いのものではなく、
そういう無為な時間が、放浪している実感を最も与えてくれるので、
意図的によく行います。

このあと松島に到着しても、それから当日中に福岡市内まで車を運転して帰らねばならず、
翌日は朝6時から仕事、という現実からの最終逃避、という側面も否めませんが。





同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
内田橋
肥猪入口
トリアス産交
五木駐在所前
人吉駅
あさぎり駅
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 内田橋 (2020-07-29 07:07)
 肥猪入口 (2020-07-28 07:07)
 トリアス産交 (2020-06-25 07:07)
 五木駐在所前 (2020-06-18 19:19)
 人吉駅 (2020-06-17 07:07)
 あさぎり駅 (2020-06-16 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。