地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2014年10月28日

大浦港

大浦港
夕暮れの漁港。


大浦港
静かな海。


大浦港
バス通りを横切って、線路。


大浦港
船が進水する場所から、


大浦港
道を挟んだ反対側の工場まで。


大浦港
終着だった頃の雰囲気を残すバス停。


大浦港
今はただ、大浦旧道経由のバスが、通り過ぎるだけ。


大浦港
「大浦港」。


大浦港
ここで待機しているバスに、船からの乗り換え客、なんて需要もあったのでしょう。
五橋が架かる以前は、天草上島から本土への連絡口だったという知識があっても、
今の静けさからは想像もできません。


大浦港
道路の規格は、当時からあまり変わっていなさそう。


大浦港
ここから都会へ出て行く若者と、見送る親、なんてドラマに思いを馳せてみたり。


大浦港
今は車で来てしまうのですが、船でこういう港に着いてバスに乗り換えると、
また違った気分の旅の始まりになりそうです。





同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
並建
野中町
保戸窪
吉祥寺入口
飽田支所
川口二丁・二十丁
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 並建 (2020-12-13 07:07)
 野中町 (2020-12-12 07:07)
 保戸窪 (2020-12-11 07:07)
 吉祥寺入口 (2020-12-10 07:07)
 飽田支所 (2020-12-09 07:07)
 川口二丁・二十丁 (2020-12-08 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。