地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと揺らいだこともありましたが、たぶんずっと「西鉄」の名前を消さずにいると思います。最終的に回帰するのは地元ってことでしょうか。でも子育てが終わったらどこかに移住したい気持ちもありますね。

2014年11月21日

早浦橋

早浦橋
牛深から魚貫経由で、「早浦橋」へ。


早浦橋
魚貫経由と久玉経由の分岐点でしたが、昨年より魚貫経由はここで打ち切りとなり、
河浦や本渡方面へ行くには、乗り換えが必要なダイヤになっています。



早浦橋
近くの側道で待機するバスもいるのですが、
今回乗った便は、そのまま牛深方面へ回送で戻っていきました。


早浦橋
「早浦橋」。
乗り換えはあまりストレスなく行えるように、ダイヤは工夫されています。
本渡からのバスが到着する8分後に、魚貫経由のバス。
何かトラブルがあったとしても、8分は遅れないのでしょうし、
遅れたとしても、本道の見える場所でバスは待機していますので、
おそらく数分はバスの到着を待ってからの出発になると思います。

瀬高から山鹿までバスが走っていた頃も、
瀬高~南関のダイヤ設定が非常にきついのか、
私が乗った時は常に遅れてましたが、
南関の車庫前を山鹿行きが通過した後に、
接続の板楠経由が来てました。余談です(笑)。


早浦橋
ということで、程なく本渡方面の接続バスがやってきて、
老夫婦が乗り換えて行ったのですが、


早浦橋
私はまったく想定されていないであろう、下り便への乗り継ぎをして、
牛深産交へ戻るのでした。なんたって、私自身が牛深産交で魚貫経由を見て、
衝動的に乗ってるだけで、まったく想定していなかったのですから(笑)。





同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
並建
野中町
保戸窪
吉祥寺入口
飽田支所
川口二丁・二十丁
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 並建 (2020-12-13 07:07)
 野中町 (2020-12-12 07:07)
 保戸窪 (2020-12-11 07:07)
 吉祥寺入口 (2020-12-10 07:07)
 飽田支所 (2020-12-09 07:07)
 川口二丁・二十丁 (2020-12-08 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。