地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2008年08月02日

旧七山村6 大屋敷という立派な地名

旧七山村6 大屋敷という立派な地名旧七山村6 大屋敷という立派な地名旧七山村6 大屋敷という立派な地名
大屋敷。今日いちにちずっと一緒のバス。
平日は朝の通学輸送がメインですが、大屋敷路線は中原と桑原にひとりずつ、
計2人しか小学生はいないそうです。

最近は七山保育園も保護者の送迎が必須になったので、
保育園児が通学バスに乗らなくなり、今後小学生が増えるのがどうかが、
バスを走らせていてもわからなくなったとか。

平日は博多屋敷と大屋敷を4往復ずつ、運行時間だけ時給1300円の契約社員で、
土曜日だけ細川~唐津路線の昼休憩のために白木一往復が増え、
日曜、祝日、年末年始、お盆3日は休みで、病気などしない限りひとりで運行しているとか。

土曜日の乗客自体が稀で、しかも珍しいバスファンということで、
運転手さんいろいろと話してくれました。
たしかにバス運転手って、乗客がないと本当に孤独かも。

周辺人口からすれば望むべくもありませんが、この路線が繁栄しますように。

旧七山村 目次へ
前の記事へ
次の記事へ



同じカテゴリー(昭和バス)の記事画像
伊万里駅前2017
灰崎
黒川小学校前2台運行
土井頭
奥野
小杉窯:和多田用尺と和多田駅
同じカテゴリー(昭和バス)の記事
 昭和バスが消える前に (2020-03-26 23:58)
 伊万里駅前2017 (2018-09-01 08:08)
 灰崎 (2018-08-31 08:08)
 黒川小学校前2台運行 (2018-08-30 08:08)
 土井頭 (2018-08-29 08:08)
 奥野 (2018-08-28 08:08)

Posted by ちょんびん at 06:00│Comments(0)昭和バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。