地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2014年12月08日

鬼海ヶ浦

鬼海ヶ浦
バス停でちゃんと時刻を確認して、富岡港から高浜へのバスを待って、
来た!と撮影したら、観光バス。
新幹線が鹿児島まで延びて、三角までA列車ってのが走るようになって、
そこから遊覧船が本渡まで観光客を運んで、さらに西海岸を観たい人向け(笑)。


鬼海ヶ浦
続けて、一般の路線バス。こちらはリエッセなので、狭小が撮影できたのは幸運。


鬼海ヶ浦
走り去っていくトンネルのほうを向いたら、こっちにも待機するバス。


鬼海ヶ浦
夕日スポット。


鬼海ヶ浦
奇岩。


鬼海ヶ浦
観光はそこそこに、バスのほうに興味津々。


鬼海ヶ浦
下田温泉での待機場所は一定しないらしく、ほかの場所にいることもあるとか。


鬼海ヶ浦
もともとは、海沿いに高規格の道路ができたのですが、


鬼海ヶ浦
がけ崩れの危険性が高くなって、トンネルを掘りなおしたそうです。


鬼海ヶ浦
店にとってみれば、通過するときにちょっと寄ってみる、という需要が全くなくなったわけで、
集客に関してけっこう死活問題ではないかと思うのですが。


鬼海ヶ浦
トンネルの反対側、現在バス停があるほうに移動。


鬼海ヶ浦
津波に注意することは必要ですが、
標高50メートルの場所にこの標示が必要かどうかは、かなり疑問。


鬼海ヶ浦
バス停の向こうは、すぐ海ですが、高低差があります。


鬼海ヶ浦
「鬼海ヶ浦」。それにしてもいい天気ですな。


鬼海ヶ浦
いつバスが走らなくなっても不思議ではない本数です。


鬼海ヶ浦
両側で仕様の違うバス停。現在過渡期なので、各地で見られます。


鬼海ヶ浦
すでに、気軽に使えるダイヤではないのです。





同じカテゴリー(産交バス)の記事画像
内田橋
肥猪入口
トリアス産交
五木駐在所前
人吉駅
あさぎり駅
同じカテゴリー(産交バス)の記事
 内田橋 (2020-07-29 07:07)
 肥猪入口 (2020-07-28 07:07)
 トリアス産交 (2020-06-25 07:07)
 五木駐在所前 (2020-06-18 19:19)
 人吉駅 (2020-06-17 07:07)
 あさぎり駅 (2020-06-16 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(0)産交バス
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。