地元の西鉄バスを中心に、いろいろな地域のバス路線風景を記録しています。西鉄以外の地域にもすぐ行きたくなるので、どこかで「九州路線バスの旅」とでも改名しようかと検討中ですが、西鉄バス中心に回帰しようという気持ちもあります。雑誌「秘境路線バスをゆく」に寄稿させていただきました。ずっと上五島ばかり載せているので、一時的に「ほぼ西肥バスの旅」に改称しております。

2015年01月19日

東側町

東側町
桂大橋から七条通りへ。


東側町
離合の難しい幅に、自動車運転者へのお願い。
車の行き違いに離合という言葉をあてるのは、福岡ローカル方言らしいですね。


東側町
うん、なんか旧街道の雰囲気。


東側町
こういう場所こそ、バス停って機能していることが多くて。
まあだからこそ、バス路線が新道に付け替わらないわけです。


東側町
東側町。桂川の東側。


東側町
市バス、よんほーん。


東側町
帰りも、よんほーん。これ、ひとりで1時間程度の系統を4往復運用なんですかね。


東側町
京都交通は、いっぱい。


東側町
1時間に4本は最低保証。


東側町
幕車の、この走り。


東側町
あ、よんほーんの特33。


東側町
そこに1日2本の「14」。
レアものの邂逅を有難みのあるものとして撮れないのは、ひとえに腕の問題。、


東側町
ということで、こういう素敵な場所があることだけ記しまして、
実際の名場面の記録は、みなさまにお任せしたいと存じます。
京都界隈の方々、どうぞよろしくお願いいたします。





同じカテゴリー(その他)の記事画像
大宝自動車本社車庫
大宝自動車八女
大宝自動車三川黒木駅
大宝自動車ほたるの館前
大宝自動車朧大橋
大宝自動車広川ダム
同じカテゴリー(その他)の記事
 大宝自動車本社車庫 (2020-08-11 07:07)
 大宝自動車八女 (2020-08-10 07:07)
 大宝自動車三川黒木駅 (2020-08-09 07:07)
 大宝自動車ほたるの館前 (2020-08-08 07:07)
 大宝自動車朧大橋 (2020-08-07 07:07)
 大宝自動車広川ダム (2020-08-06 07:07)

Posted by ちょんびん at 07:07│Comments(2)その他
この記事へのコメント
東京に出てきて、「離合」ということばが通じないので、愕然としました。
しかし、いろいろ調べてみると、福岡ローカルというわけではなく、中国四国など、西日本かなり広範囲に使われているようで、なんとなく安心しました。
近畿地方となるとぽつりぽつりとしか使われず、「離合」の看板が見られる東端は京都府のようです。
「離合」が使えないと、表現に苦しみ困ることがあります。

鉄道の分野では、単線における「離合」など、術語、というか専門用語として普通に使われるらしいですね。
Posted by Tokyo Chikushi at 2015年06月02日 11:29
京都生まれ、6才から福岡、勤めは広島の私は、
西日本でそこそこ対応できてしまうので、
昨今流行りの「これは○○県だけ!」に驚くことも多いです。

そういう意味で、私の使う言葉は、ちょんびん語でしかありませんが、
これからも頑なに、「離合」を使い続けようと思います(笑)。
Posted by ちょんびんちょんびん at 2015年06月02日 15:15
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。